「初対面の相手の懐に入る」ちょっとしたテクニック

「ひと握りのカリスマでもない限り、小細工をせずに初対面の相手の懐に入り込むことなど不可能です」と断言するのは、東急ハンズで「完売王」の異名を取った伝説の販売員、河瀬和幸氏。

河瀬和幸氏

河瀬和幸氏

「初対面で好感を持たれる極意は、『会えて嬉しいです』感を全開にすること。そのために不可欠なのは『挨拶の先制攻撃』。なんとなく、相手が第一声を発するのを待ってしまいがちなのですが、そうなると相手のテンションに合わさなきゃならない。せっかく『会えて嬉しいです!』というテンションで行きたいのに、相手から『やぁ、どうも……』と切り出されたら、そのペースに引きずられてしまう。これは避けなくてはなりません」

 続くテクニックは「相手の名前を連呼する」こと。

「別に名前がいらないところでも、あえてチョコチョコ呼びかけるのがミソ。『どう思います◯◯さん』とか、ほとんど“語尾”みたいに使う。グッと親しさが増します」

 さらに相手の心を掴むには「想像を超えたレスポンスでビックリさせる」こと。

初対面「営業マン時代、年配の社長さんたちと会食したことがあるんです。食の細い社長さんは料理を食べきれずに僕にお皿をよこしてきた。せっかくなので2人分食べていたら、ほかの方も『私もお腹いっぱいだから食べてもらおうかな』なんて冗談めかして言ってくる。そこで『ありがとうございます! いただきます!』って元気に言ったら、皆さん驚きながらもすごく喜んで。そこからまた人脈が広がったという経験がありましたね」

 相手が「面白いよ」と言った本やDVDを、その場でスマホ検索してAmazonでポチる……などのレスポンスも、同様に効果的。

「相手の提案を全面的に受け止め(ノーは言わない!)、そのうえで“スピード”や“量”で想像を超えてみせるのがポイントです」

<Let’s master>

●相手より先に「はじめまして」
第一声は目上の人間に譲らなくてはならない……なんてマナーはない。エライ人だろうが自分のペースに巻き込もう

●相手の名前を“語尾”感覚で連呼
名前を呼ばれると、人は「相手に重んじられている」という感覚を抱きやすい。せいぜい、その気にさせてあげよう

●薦められた本をその場でポチる
「帰ったらAmazonでポチりますよ!」が一般的なレスポンス。それを超えてビックリさせるには“その場で”ポチれ

●相手の1年前のSNSをチェック
自分をよく知る相手に人は心を開く。最近のネタだけでなく「去年は◯◯に旅行されたんですね」などと言えたら強い

【NG】話のスジが見える前に反応する
「昨日は家族サービスで……」→「素敵ですね!」など。熱心さを装う人がやりがちだが、万一グチだったら逆効果

【河瀬和幸氏】
伝説の「完売王」カワセ・クリエイティブ・カンパニーず代表。商品プロデューサー、セールスクリエイターとして活躍。政界にも広い人脈を持つ。著書に『また、売れちゃった!』ほか

<イラスト/石原まこちん>
― 人生[小手先]が9割 ―

また、売れちゃった!

接客、販売に関わるすべての人におすすめしたい良書

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中