「性別適合手術」希望者には“その後”のリスク情報も与えられるべき

 体と心の性別が違うことによるトランスジェンダーの生きづらさに対して、外科的にアプローチするのが、性別適合手術(SRS)だ。タイでの子宮・卵巣摘出手術などのアテンドを手がける渡邉アツミさんに、SRSの実態を聞いた。

渡邉アツミさん

渡邉アツミさん

「学生時代、友人がSRSを受けるというので、付き添いに行きました。友人はペニス形成術までして戸籍上の性別を男性に変更したのに、翌年に半ば自ら命を絶ってしまったんです」

 SRSは、今抱えている「生きづらさ」を解決するとは限らないし、卵巣摘出で女性ホルモンがなくなれば、更年期障害が起きかねない。既存のアテンド業者はこうしたリスクを、当人に正しく伝えていないと渡邉さんは指摘する。

「ネット上にはSRS体験者の喜びの声が溢れていますが、その後の健康、人生、人間関係がどう変わるかが抜け落ちています。体の違和感から手術を望む人には確かにSRSが必要でしょう。でも、タイの病院スタッフは『日本からのSRS希望者は飛び抜けて多い』と言っています」

 つまり、本来なら手術が必要ないかもしれない人の背中を押すアテンドが行われているのが現状なのだという。

「’04年7月施行の性同一性障害特例法は、戸籍上の性別を変えるために健康な体にメスを入れさせることになる異常な法律です。国家が生殖を管理している社会において、顧客が抱えている『生きづらさ』の根がどこにあるのかを、中立的な立場で提示していくのがアテンダーの役目でしょう」

手術<手術の種類/料金>

●乳腺摘出手術/35万円~
●子宮・卵巣摘出手術(開腹)/25.5万円
●子宮・卵巣摘出手術(腹腔鏡)/44.4万円
●乳首縮小/7.4万円

※1バーツ3.7円。「Malaiwan」での料金

【渡邉アツミさん】
’12 年、武蔵大学院卒業。千田有紀教授の下でジェンダー論を専攻。一般企業を退職後、SRSアテンド会社「Malaiwan」を設立

取材・文・撮影/野中ツトム(清談社)
ー [セクシャル・マイノリティ市場]が国内6兆円に拡大中 ー

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中