【大人のサンダル選び】クロックスより激安のビルケンがオススメなワケ

 メンズファッションバイヤー&ファッションブロガーのMBです。洋服の買いつけという本業の傍ら、ブログやメルマガで「オシャレのルール」について発信していたところ、こちらで執筆させていただくことになりました。連載第28回目をよろしくお願いします。

夏の必須アイテム「サンダル」

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理屈があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 梅雨どきからはムシムシとした夏の季節が続きます。「おしゃれは我慢」と言いますが、足もとの「蒸れ」には我慢の限界という方も。革靴や肉厚のスニーカーで一日歩き回れば、「靴下からジャバーッと汗が出るんじゃないか?」と思うくらい蒸れてしまいます。私と同様に汗っかきの人にはツラい季節です。

 そこで活用すべきは「サンダル」なのですが、「もう夏だし楽な感じでいいよね……」と何年も履き古したクロックスを愛用しているオジサンがいます。丸みのあるボテッとした形のクロックス。子供が履くならまだしも、30代以上の男性が履いた姿はあまりにもカッコ悪い。楽な格好……にしても限度があります。

 だからいって「ブランドものレザーサンダルなんて買えねーよ」――わかります。そんな方にうってつけのアイテムが出ているんです。

激安のビルケンシュトックがある!

BIRKENSTOCK 丸ごと洗えるサンダル「MADRID EVA MODEL」

NAVYはプラスチック製のベルトは黒になっている

 世界的に有名なドイツのシューズメーカー「ビルケンシュトック」。誰しも一度は目にしたことがあると思います。サンダルの定番中の定番と言っていいでしょう。近年リリースされたこの「エヴァ(EVA)」シリーズはビルケンシュトックの今までの「アウトドア」的なイメージを排したモダンなデザイン。なにせ、ソールからアッパーのベルトまで全て「1色」で仕上げています。洋服や小物は「色数を使えば使うほど」カジュアルな見た目で子供っぽくなります。柄ものが子供っぽく見えるのはそのためで、使っている色数が増えるとカジュアルに見えるのです(詳細は先日の記事「パーカーは『ユニクロ』で買うべき。ノースフェイスやコロンビアより大人向きな理由」でもご確認ください)。ビルケンシュトックの新作は、カジュアルなサンダルのデザインをあえてワントーンで統一することで、同製品を大人な雰囲気にアップデートしています。これなら30代以上の大人でもバッチリです。

 またこのブランドのいいところは「履き心地」。1700年代から続く歴史を持つビルケンシュトック社は「履き心地」「歩きやすさ」は他社の追随を許しません。通気性のいいデザインはサンダルなので当たり前ですが、中敷きにある凹凸は人間の足の裏に沿うようにフィットします。一般的にサンダルは疲れやすく長時間の歩行に向かないものですが、ビルケンシュトックは例外です。

「確かにカッコいい。履き心地もいいのはわかったけど……どうせお高いんでしょう?」と思われた方、ご安心を。これが3780円(税込)と、ビルケン史上類を見ない安さなのです。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=868022(別角度から)

BIRKENSTOCK 丸ごと洗えるサンダル「MADRID EVA MODEL」

見つけたら売り切れる前に即買いすべし!

 その秘密は素材。実はこのサンダル、すべて「EVA」で作られているのです。「EVA」とはシンジ君が乗ってるアレではなく、超軽量・無公害の合成樹脂素材のこと。レザーやコルクなど今まで使っていた素材と比べコストははるかに安く、しかも今までのビルケンよりも飛躍的に軽く、歩き心地はさらに向上しています。いいとこづくめで文句なし。使い古したクロックスはさっさと断捨離して、ビルケンを買いましょう。

BIRKENSTOCK 丸ごと洗えるサンダル「MADRID EVA MODEL」

驚くほど軽い!

汚れたら水洗い可能な優れモノ!

 さらに凄いところがこのサンダル、水洗いができます。今までのモデルではレザーやコルクなどの天然素材を使用していたため、ジャブジャブと洗ってしまえば風合いを損なうおそれがありました。しかしEVA素材ならば問題なし。ビーチやアウトドアに行って汚れたなら自宅でジャブジャブ洗えばいい。「洗えるビーチサンダルは、雑なつくりで歩き心地が悪い」「レザーやコルクのサンダルは歩き心地はいいけど洗えない」そんなジレンマを克服した画期的なサンダルなんです。

 ショッピングモールなどに行くと汚れたクロックスをいつまでも履いている中年男性が数多く見られます。足もとや袖先など「先端」は視線が集まるコーディネートの重要ポイントです。何度もいいますが、3780円です。なお、このEVAシリーズ、直営店の販売はなく、セレクトショップやネットなどで取り扱っています。今年はメンズ・レディースともに大人気となっており、夏前の6月時点ですでにサイズ欠け色欠けが起こっています。本記事で紹介した3780円のモデル「MADRID」以外にも、「GIZEH」「ARIZONA」など幾つか種類がありますのでそちらもオススメですよ。見かけたら即買い必至です! 「父の日」のギフトとして夏のお父さんをオシャレにしてあげるのもいいですね! ほかにも、毎週日曜日に配信するメールマガジン「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」では、格安で手軽におしゃれを実現できる方法論を語っています。興味ある方はぜひそちらもご利用ください。 <文/MB>

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(http://www.neqwsnet-japan.info/)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(http://www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。女子SPA!でも「レディースファッション」に関するコラムを連載開始。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。現在、自身のブランド「MB」の立ち上げに奔走中。秋には書籍を扶桑社より上梓する予定

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中