現役レースクィーンにガチでキャッチャーをやらせてみた

渡瀬茜ちゃん

渡瀬茜ちゃん

 ここ日刊SPA!で、最新のレースクィーン&グラビア業界事情を赤裸々に語ってくれている現役レースクィーン・渡瀬茜ちゃんのプロフィールにある一文が、ちょっとした話題になっている。

「強肩から放たれる2塁盗塁阻止」

「なんやそれ?」といった“疑問の声”が僕、ゴメス記者の耳許やFacebookに殺到しているのだ。

 本人に直接聞いてみると? どうやら彼女、元ソフトボール選手で、高校時代は県の代表にまで選ばれるほどの名捕手であったんだとか。マジで肩書きに偽りなし……なのか否か、草野球評論家・山田ゴメス氏の立ち会いのもと、その実力のほどを動画で披露していただいた!

――ホントにグラウンドまで取ってやったんですね?

草野球評論家・山田ゴメス氏(以下、ゴメス氏):こーいうことは、ここまでやらなきゃ、正確な実力を計れませんから。もし本当にすごかったら、ウチのチームにもスカウトしようかと……。

――なんか切実な感じがただよってるんですけど?

ゴメス氏:そりゃ切実ですわ。草野球ってね、じつはキャッチャーを見つけるのが無茶苦茶大変だったりするんですよ。もっとも専門技術を要するポジションなので。ヘタすりゃピッチャーより大変かもしれない。

――なるほど。それはなんとなくわかるような気もします。

ゴメス氏:たしかに草野球レベルじゃあ女子メンバーが混じっているケースもなくはない。でも、たいがいは肩が弱くても大丈夫なセカンドや、球がなかなか飛んでこないライトを守っていたりするんですよ。そんな実状下で女子キャッチャーなんてえのは前代未聞! 少なくとも私はまだ見たことありません。ましてや、可愛いとなれば、必然的に男子メンバーの集まりもよくなるわけです。大胆に開いた股間あたりで二本指や三本指でサインをごそごそ出している姿なんか、妄想しただけでもソソるじゃないですか!

――それもなんとなくわかります!

ゴメス氏:でしょでしょ!?

――あんた、本当は何評論家なんですか?

ゴメス氏:今日は草野球評論家です。では、さっそく↓の動画をご覧ください。

⇒【動画】http://youtu.be/EcQJQtVq3lo



⇒【動画】http://youtu.be/a2HncjsA5_8



――これは「二塁盗塁阻止」と「キャッチャーからの一塁牽制」ですね。なんでヘソ出しのホットパンツなんですか?

ゴメス氏:単なる読者サービスです。

――体が正面を向いて「えいっ!」って押し出すような、いわゆる“女子投げ”じゃないところは素人目でも「ヤルな」と思うのですが、“プロの目”からして、茜ちゃんのキャッチャーとしての資質はいかがなのでしょう?

ゴメス氏:ボールに触れるのは何年かぶりということ、ロクにキャッチボールもせず本番に入ったということ、相手ピッチャーが元高校野球部のエースだったこと諸々の厳しい条件のなか、最初はときたま捕球時ミットが球威に流されたりもしていましたけど、そこらへんも徐々に自己修正されてきて……。とくに二塁送球の際の所動の速さはお世辞抜きで素晴らしいと思います。

――さすがにノーバウンドじゃ無理……?

ゴメス氏:草でノーバンで二塁まで投げられるキャッチャーなんか、男でもそうザラにはいませんよ! それより僕は彼女の送球コントロールの良さに注目したい。これらの撮影、じつは各10回以上撮っているんですけど、ほぼ100%タッチしやすい低めのイイ球が来てましたし。おそらく、もっと投げ込んだら距離も精度もよりアップするのではないでしょうか?

――バッティング編もあるんですね?

ゴメス氏:打つほうにも、なかなかのセンスを感じさせるものがあります。なんせ彼女、現役時代は不動の4番だったそうですから。

――それは、かなり期待できますな。

⇒【動画】http://youtu.be/c1AbkwNqiuU



ゴメス氏:どうです? このヒット性の当たり! 腰もちゃんと入ってるし、おっぱいだってぶるんぶるん揺れてるし……。打席に入るときのドヤっぽい雰囲気なんて、まるでパリーグの助っ人外人みたいじゃないですか!

――元4番ならではの、女子には珍しいパワー型長距離ヒッターってイメージです。で、次の動画は?

⇒【動画】http://youtu.be/6X8Mx3xE3rA



⇒【動画】http://youtu.be/1_EPyNt-zX4



ゴメス氏:ヘッスラとグラウンド整理ですね。攻守走揃っていて、オマケにグラウンドマナーも完ペキ。茜ちゃんを助っ人に頼みたい草野球チームの方はゼヒ日刊SPA!編集部まで!

――いいんですか? マジでアポ来ちゃいますよ!

ゴメス氏:「ゲッツー」だとか「犠牲フライ」だとかって単語がサラッと出てくる女子と草野球の醍醐味である“試合後のビール”まで楽しめるなんて、最高じゃないですか! 僕は今後、彼女を「ネオ・オヤジギャル」として売り込む予定です。

――あんた、彼女のマネージャーですか?

【渡瀬 茜(わたせ あかね)】
87年三重県生まれ。2011年スーパー耐久レースクィーンから本格的にレースクィーンとして活動を開始し、2014年まで「スーパーGT」のレースクィーンを務める。現在は、バイク雑誌『VIBES』のイメージガールで「VIBES FOX」のメンバーとして活躍中。特技は大型二輪バイクでのスラロームと強肩から放たれる2塁盗塁阻止。5月29日、イメージDVD第2弾『渡瀬茜~美脚コレクション~』がグラッソより発売! 6月14日(日)15:00より、DVD発売イベントがソフマップMB館にて開催決定!!
ブログURL:http://ameblo.jp/wataseakane/
twitter:@wataseakane1

<取材・文/山田ゴメス>

渡瀬茜~美脚コレクション~

彼女の自慢の脚とヒップラインをクロ-ズアップ

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中