相席居酒屋にくる女性の6割が「本気で出会いを求めている」

 男性なら、一度ならず耳にしたことがあるであろう「相席居酒屋」。見知らぬ男女同士を相席させ、出会いの場を提供する新業態の飲食店だ。昨年3月、ブームの先駆けである「相席屋」が東京・赤羽に1号店をオープンするや、またたく間にブレイク。いまや街コンに取って代わる“出会いのネオスタンダード”と言われる。

相席居酒屋

※イメージです

 今回、相席居酒屋の利用経験がある女性80人にアンケートまたはインタビューを行ったところ、浮かび上がってきたのは、彼女たちの多くが「普段は“出会いの場”を利用するのにそれほど積極的ではない」という興味深い事実だ。街コン経験者はわずか4割。合コンに「まったく(ほとんど)参加しない」という人も3割以上存在したのである。

 これは、女性が「相席居酒屋」を利用する際の心理的ハードルがいかに低いかを物語っている。

「合コンや街コンみたいに日程が決まっていないので気楽。まさに居酒屋に行くノリで、行こうかなと思ったときに勢いで行けるのがいい」(32歳・美容師)。「お見合いパーティなどに比べると社交的な男性が多いし、“飲み”がメインなので盛り上がりやすい印象がある」(27歳・通信)。結果、女性客のリピート率は7割にもなる。

 ちなみに、相席居酒屋では基本的に「女性は飲み代0円」というシステムを取っている。それゆえに「こいつら、タダ酒飲むためだけに来てるんじゃなかろうな」なんて勘ぐってしまいがちだが、そんな心配はまったく無用だ。本気で出会いを求めている女性は、約6割もいる!

⇒【調査結果の詳細】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=870324

女が断言。相席居酒屋は、今一番“出会える”場所だ! また、見逃してはならないのが「話題の場所だから」という理由で相席居酒屋を利用している女性の多さ(35%)。そう、「出会いの場」とは水物だ。流行りはじめたときに利用するのが一番効率よし。いまだ二の足を踏んでいる男性は、ぜひ早々にデビューを果たしていただきたい。6/16発売の週刊SPA!では「相席居酒屋でモテる技術」という特集を組んでいる。デビュー方法がわからないという方はこちらも読んでおくといいだろう。

<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!6/23号(6/16発売)

表紙の人/浅田舞

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中