OL300人調査した「絶対に抱かれたくない男」の共通点

今回、20~30代の一般OL300人を対象に「絶対に抱かれたくない」男性の特徴を調査した。いったい、どんな行為がNGとされるのか。具体的に見ていこう。

◆抱かれたくない男は不潔でモテ自慢ばかり<デート編>

OL300人が認定[絶対に抱かれたくない男]の共通点 エッチへの最初の足掛かりとなるデート。飲んで食べて、つい楽しい時間を過ごしてしまいがちだが、女性の眼は男性の一挙一動を鋭く観察している。油断すると、一発で「抱かれたくない男」認定されかねないのだ。

 まずは、その筆頭が男性のニオイ問題。今回の調査でも「脇の臭い男は絶対に無理。気になってデートに集中できない」(31歳・デザイナー)など、9割以上の女性から「体臭や口臭がキツい男性はNG」という声が寄せられた。不潔な人間が嫌われるのはもはや言わずもがなだが、多彩な男性遍歴に基づく恋愛コラムに定評のある神崎桃子氏も「女性は異性との相性をニオイで判断する生き物。特にオジサン世代は注意が必要」と語る。

 さらに、爪が伸びていたり、ゴミが溜まっているのも同様の理由で完全にアウト。「長く黒ずんだ爪は不潔。男のエッチもガサツそうだし、想像するだけで虫唾が走る」(27歳・人事)、「デートの際は絶対に男性の手を見ます。もし爪が汚い男だったらすぐに帰ります」(30歳・美容)など、女性にとっては、もはや“指=男性(器)の扱い方”なのだ。

 そして、デートの大半を占めるトーク。その出来不出来が、エッチに直結するのは言うまでもない。恋愛トークとなると、つい元カノの話をしてしまいがちだが、これも地雷ポイント。「初デートで歴代の彼女のプリクラを見せてきた。しかも『俺と付き合うとみんなキレイになる』だって。キモすぎて引いた」(36歳・商社)と、“元カノ”話は内容を問わず7割以上の女性に不評だった。

OL300人が認定[絶対に抱かれたくない男]の共通点 経験人数を語る行為に至っては「経験人数や元カノとのエッチを熱弁されると、自分もネタにされそうで怖い」(25歳・看護)と、股だけではなく心すら閉ざさせる結果に。

 神崎氏も「女性に経験人数や年齢を聞くのは、男性に年収を聞くのと同じで野暮。正直に答える女性もいないでしょうが、聞くだけ無駄です」と一刀両断。

 清潔さを売りにしつつ、恋愛トークには細心の注意を払いたい。

★抱かれたくない指数<pt>

●体臭や口臭がキツい<93>
●爪が伸びていたり、ゴミが溜まって黒くなったりしている<76>
●元カノの話を何度もしてくる<75>
●「今までの経験人数は?」とか「年齢は?」とか初対面で聞いてくる<63>
●破れたジーパン、ペラペラの靴を着用するなど服装が貧乏くさい<56>
●「このワインは……」「あそこの料理は……」とか、評論家気取りの発言が多い<38>
●女性と歩くスピードを合わせず、勝手にすたすた歩いてしまう<33>

※抱かれたくない指数=20~30代の一般女性300人に「抱かれたくない男」の特徴についてアンケート調査した結果からパーセンテージを割り出し、ポイント化。数値が高いほど、「より抱かれたくない男」となる

【神崎桃子氏】
体験型恋愛コラムニスト。多彩な男性遍歴からなる鋭い洞察力を武器に、男女の恋愛に切り込む。エキサイトニュースでは恋愛コラムを連載中。著書に『恋愛サファリパーク(Kindle版)』(すばる舎)

取材・文/抱かれたくない男調査委員会 イラスト/オーグロ慎太郎 樂我鬼
― OL300人が認定[絶対に抱かれたくない男]の共通点 ―

恋愛サファリパーク

恋愛や婚活に必要なのは、女子力ではなく「サバイバル力」

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中