Windows Phoneが盛り上がらなかったのは、メーカーのヤル気がなかったからではない

ここ何年も変わり映えしなかったデジタル勢力図に、にわかに異変が起きている。「Windows10」を引っ提げたマイクロソフトの逆襲は成るのか!? デジタル“マイナー勢力”の今後を占う!

◆Windows Phone<スマホ>

 iOS、Androidに続く第三のスマホOSとしての「Windows Phone」は、決して耳新しい存在ではない。日本では’11年に、富士通から「IS12T」という端末が登場している。だが、その後あまりにも音沙汰がなかったため、なんとなく「残念なOS」扱いしてはいないか?

Windows Phone

写真は「Microsoft LUMIA 640」。日本ではマウス・コンピュータ、フリーテルなどがすでにWindows Phone参入を発表

「日本で長らくWindows Phoneが出なかったのは、ニーズがなかったからでも、キャリアやメーカーのヤル気がなかったわけでもなく、単に環境が整っていなかっただけ」と解説するのはモバイル評論家の法林岳之氏。

「Windows Phoneは従来、端末のスペックや動作がほぼ同じになるよう、メーカーの数を絞り込む戦略を取っていました。開発者がアプリを開発しやすい環境を狙ったためだと言われますが、結果、世界に販路を持つHTCやノキアといったメーカーが選ばれた。それ以外の理由も複数ありますが、いずれにせよ日本メーカーの参入は難しかったんです」

 そんななか、クアルコムが“リファレンスマシン”と呼ばれる開発用の雛型端末を出したのが昨年のこと。ベースがある分、参入へのハードルはグッと下がった。AndroidやiPhoneと比べて、同等のスペックの端末が比較的安く作れるのもポイントだ。

 言うまでもなく、今秋登場予定のモバイル版「Windows10」も強力な追い風になるだろう。

「『10』で導入される『ユニバーサルアプリ』は、PCでもスマホでもタブレットでも同じアプリケーションがそのまま動く……という代物。互換アプリの類より快適に使えるはずです。また、少し先の話にはなるでしょうが、スマホ+モニタ+キーボードでPCのように使えるようになるというコンセプトも提示されている。間違いなく、Windows Phoneはこれからが本番です」

<将来性⇒◎>
モバイル版「10」の登場は10月か。冬商戦は祭り必至

― デジタル“マイナー勢力”の今後を占う! ―

最強ダイエット食材・ブロッコリーが “食事の主役” になる時代!? AKB48峯岸みなみも食べてスリムに

ブロッコリー
 いま、手軽に食べられるダイエット食材としてブロッコリーが注目を集めている。きっかけは、先日のAKB48総選挙で2連覇を達成した指原莉乃が1月、プライ…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中