ダスティ・ローデスは死してなおアメリカン・ドリームの体現者

ダスティ・ローデス

ありし日のダスティ・ローデス

 ニックネームは“アメリカン・ドリーム”。

 ダスティ・ローデスは、チャンピオンベルトを必要としないチャンピオン、イントロダクションを必要としないアイコン、リング上ではスーパースター、バックステージではプロデューサーというふたつのアイデンティティーをシンクロさせた偉大なる“プロレス人”だった。

 本名はバージル・ライリー・ラネルズJr。1945年10月12日、テキサス州オースティン生まれ。“ローデス”というカタカナ表記はRhodesのスペルどおりのローマ字読みで、正しい発音はローズ――巨人、オリックスなどでプレーしたプロ野球選手のタフィ・ローズもまったく同じラストネーム――だが、やや誤った発音がカタカナとして定着してしまった例だ。ローデス自身の南部なまりをそのままカタカナに変換すると“ローザァ”になる。

 ウェスト・テキサス州立大ではドリーとテリーのザ・ファンクスの後輩にあたり、学生時代はフットボールとベースボールで活躍。ジョー・ブランチャードのコーチを受け、1967年にテキサス州サンアントニオでデビューした。

 リングネームのダスティ・ローデスの由来についてはふたつの説がある。ひとつは1950年代に活躍したメジャーリーガー、ジェームス“ダスティ”ローズ(ニューヨーク・ジャイアンツ―サンフランシスコ・ジャイアンツ)から拝借したという説。もうひとつは、映画『群衆の中の一つの顔 A Face in the Crowd』(1957年)でアンディ・グリフィフが演じた主人公ラリー“ロンサム”ローズにあやかったという説。

 いずれの説もちょっとずつ正しいかもしれないし、いずれも不正確かもしれないが、いまとなってはどちらでもいいことなのかもしれない。プロレスラーのダスティ・ローデスは、アメリカでは70年代、80年代、90年代、00年代、そして現在まで、プロレスファンならばその名を知らぬ者はいないビッグネームだった。

 1968年、ディック・マードックと伝説のタッグチーム、ザ・テキサス・アウトローズを結成。NWAの総本山セントルイス、デトロイト、オハイオ(NWF)、AWA、NWAフロリダ、ルイジアナ‐ミシシッピ‐オクラホマのNWAトライステートの各テリトリーをサーキット。いささか使い古された表現ではあるが、全米のタッグ王座を“総なめ”にした。

 マードックとのコンビを解散し、シングルプレーヤーに転向後はベビーフェースに方向転換し、アメリカでもっともファイトマネーを稼ぐスーパースターのひとりに変身した。

 いまでも語り草となっている――というよりもアメリカのプロレス史に残る歴史的なワンシーン――ローデスの“正統派転向”のドラマは、いまから41年まえ、フロリダ州タンパで起きた。

 その日のメインイベントは、ローデス&パク・ソン対エディ&マイクのグラハム親子のタッグマッチ(1974年5月14日=フロリダ州タンパ、フォート・ホーマー・アーモリー)。試合途中、ローデス(この時点ではヒール)のパートナーの“韓国の巨人”パク・ソンとマネジャーのゲーリー・ハートが突然、ローデスに襲いかかり、イス攻撃と鉄柱攻撃でローデスを血だるまにした。

 これに怒った観客が暴動を起こし、地元タンパの警官隊が出動。興奮してリングに飛び込んだ10数人の観客が半失神状態のローデスを抱き起こし、ドレッシングルームまで運んでいったという“伝説”がある。これが“アメリカン・ドリーム”誕生の瞬間だった。

ダスティ・ローデス

こちらもありし日のダスティ・ローデス

 ローデスは、ブルーカラー=労働者階級育ちのバックグラウンドをプロレスラーのキャラクターとしてアダプトし、南部なまりまる出しのジャイブ・トークjive talkのおしゃべり、ホワイト・ニグロ・スタイルwhite negro style(白い黒人スタイル?)の身ぶり手振りとコミカルな動き、ポット・ベリーpot belly(大きなおなか)と腹部にある赤いシミblotch、バイオニック・エルボーと呼ばれたエルボードロップをトレードマークに、白人ファン層からも黒人ファン層からも愛さる存在に変身した。

 もし、ローデスが均整のとれた八頭身のボディービルダー・タイプの美男子――つまり、リック・フレアーのルックスとハルク・ホーガンのボディーの持ち主――だったら老若男女に支持されるスーパースターにはなっていなかったかもしれない。

 ニックネームは“サン・オブ・ア・プラマー(配管工の息子)”から“マン・オブ・ピープル(みんなの人気者)”へ、そして“アメリカン・ドリーム”へと進化していった。

 ハーリー・レイス(1979年8月21日=フロリダ州タンパ、1981年6月21日=ジョージア州アトランタ)、リック・フレアー(1986年7月26日=ノースカロライナ州グリーンズボロ)を下しNWA世界ヘビー級王座を通算3回獲得したが、いずれも短期間でベルトを手放した。

 これはセントルイスのサム・マソニックNWA会長(当時)がローデスのような典型的なショーマンを好まず、長期政権型のチャンピオンの“人選”から外れたためといわれているが、じっさいにはローデスはチャンピオンベルトを必要としないスーパースター、チャンピオンベルトを腰に巻いていても、巻いていなくても、必ずメインイベントのポジションで試合をするピープルズ・チャンピオンだった。

 現役時代のライバルは、アブドーラ・ザ・ブッチャー、テリー・ファンク、ハーリー・レイス、“スーパースター”ビリー・グラハム、ケビン・サリバン、ニキタ・コロフ、リック・フレアー、タリー・ブランチャードら。

 合計“300回以上”対戦したといわれるレイスとのNWA世界タイトルマッチ・シリーズよりも、ニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデンで実現したビリー・グラハムとの3回のシングルマッチ(1977年9月26日、1977年10月24日、1978年8月28日)をローデスのベストマッチとするマニア層も多い。

 日本のプロレスとのかかわりも深く、国際プロレス(1971年、1972年)、全日本プロレス(1975年)、新日本プロレス(1979年~1992年=10回来日)、ZERO-1(2004年)の4団体のリングに上がり、合計15回来日。新日本プロレスのリングでは、アメリカでは実現しなかったボブ・バックランド、アンドレ・ザ・ジャイアントとの“夢のシングルマッチ”がおこなわれた。

 1985年、NWAクロケット・プロモーション(ノースカロライナ州シャーロット)の役員に就任してからは現役レスラーとプロデューサーのマルチ・プレーヤーとして手腕を発揮し、“スターケード”“グレート・アメリカン・バッシュ”などのスーパーショーを企画。ウォー・ゲーム、スキャッフォールド・マッチ(ハシゴ・マッチ)、バンクハウス・ブロールといった数かずのデスマッチ、ギミック・マッチを発案した。

 90年代はWCWとWWEの2大メジャー団体を往復し、2001年にWCW崩壊後は新団体TNA(2003年~2005年)でプロデューサーをつとめていたが、2005年にWWEに復帰。2007年に“WWEホール・オブ・フェーム”殿堂入りし、近年はWWEの下部リーグNXTで新人育成にたずさわっていた。

 さる6月10日、フロリダ州オーランドの自宅で倒れ、翌11日、帰らぬ人となった。享年69。6月17日、ローデスのふたりの息子でWWEスーパースターのダスティン(ゴールダスト)とコーディ(スターダスト)を喪主に、タンパのセント・ローレンス・カトリック教会で近親者、関係者のみが出席しての葬儀がおこなわれたが、その直前にTMZネットワークのネット番組で、ミッシェル夫人が救急車を呼んださいの“録音テープ”が無断でオンエアされ物議をかもした。

 ダスティ・ローデスは、天国へ旅立ったあとも“アメリカン・ドリーム”でありつづけた。God Bless “American Dream”――。

斎藤文彦

斎藤文彦

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※「フミ斎藤のプロレス講座」第42回

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中