100円ローソン限定の「干しほたるいか」が激ウマすぎる

「美味! なぜ今までこの存在に気がつかなかったんだ!」「100円でこのクオリティはコスパ良すぎでしょ」――

 週刊SPA!で連載中の清野とおる氏のマンガ『ゴハンスキー』第24話(6月23日発売号に掲載)に、ローソンストア100(通称100円ローソン)限定の「干しほたるいか」(谷貝食品)が登場している。

◆特設サイトにて無料試し読み掲載中

 清野氏が家呑みでよく利用するのが100円ローソン。家呑みの定番、タカラ缶チューハイに合いそうなものを探していて、たまたま見つけた干しほたるいか。それを、ひとくち口にすると……

清野とおる氏のマンガ『ゴハンスキー』第24話

『ゴハンスキー』第24話の1コマ

「これが… すこぶる美味しかったのです…」

※「100円ローソンの干しほたるいか」(第一巻掲載)はただいま無料公開中

 何でもこれ、日本海産のほたるいかを能登伝統の魚醤油いしりで味付けし、干し上げたこだわりのもの(しかも化学調味料・保存料不使用)で、100円ローソンでしか手に入らないものだという。

 そこで、記者も近所の100円ローソンで干しほたるいかをゲット。さっそく実食したところマジでウマい! たった100円(税抜)でこんな至福を得られるとは(笑)……と思ったのだが、コレをより美味しく食べる方法があるそうだ。

100円ローソンのおつまみ・乾物コーナーにて発見

100円ローソンのおつまみ・乾物コーナーにて発見

◆清野先生オススメの“おこだわり”な食べ方「お辞儀」とは

 このままでも十分に美味しい干しほたるいかだが、マンガの中で、ライターで炙って食すとより美味しくなると描かれている。①イカの脚を持ってお腹のあたりをライターで炙る(熱でイカがぐにゃりと曲がる=これを「お辞儀」という)②同じように反対側もライターで炙ってもう一度「お辞儀」をさせる……という方法だ。

『ゴハンスキー』第24話のひとコマ

『ゴハンスキー』第24話のひとコマ

 このひと手間で、トロッとした内臓の風味が口いっぱいに広がり、イカの芳ばしさがより感じられるのだ!

 実際に、どちらが美味いか食べ比べてもらったところ、炙る前の状態でも高評価だったが、「炙ったほうが全然美味い」「風味が違う!」「内臓の苦みがマイルドになる」「お酒が進みそう」とほとんどが「お辞儀」した干しほたるいかを支持。ただ、「ガス臭い。そのままのほうが美味い」という意見もあった。炙るときにライターを近づけすぎないようにしたほうがよさそうだ。

・炙ったもののほうが美味い……8人
・炙らないもののほうが美味い……1人
・そもそもイカが嫌い……1人

「干しほたるいか」

1袋あたり大体8杯くらい入っている

 ぜひとも買い占められる前に、干しほたるいかをゲットし、お辞儀を試してみてほしい。後悔させないから! <取材・文/おはつ>

●『ゴハンスキー』特設サイト http://nikkan-spa.jp/info/gohansukieeee
第7話『トラウマ飯』を無料公開中

ゴハンスキー2

ただオイシイだけじゃ満足できないグルマンたちよ、渾身の一撃を食らうべし!

ゴハンスキー 1

グルメマンガの問題作がついに単行本化!

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中