美容クリニック、ボロ儲けのカラクリ「法を犯してでも開設したい」

 常勤しない医師を名義上の院長として紹介し、無許可での診療所開設を手助けしたとして、愛知県警は6月23日、医療法違反(無許可開設)の疑いで、名古屋市南区の中京病院の形成外科部長・浅井真太郎容疑者(50)を逮捕した。

 調べによると、浅井容疑者は愛知県岡崎市にあった美容外科診療所「マリークリニック岡崎院」の元経営者・鈴木みなえ被告(46=医師法違反罪で起訴)に常勤しない医師を紹介し、毎月25万円の“謝礼”を受け取っていたという。実際にクリニックでは、無資格の施術者がレーザー脱毛を施していたわけである。

マリークリニック岡崎院

マリークリニック岡崎院

 実はこの手の手口は何年もなくならず、今回明るみになった事件も氷山の一角にすぎないわけだが、その理由の一つは、「行政が医師のモラルを異常なほど信じ切っている」ことだという。

「この手の事件で追及しても、『基本的にお医者さんを信じておりますので』と言うのが関の山。法的には一人の医師につき、一つの医院しか開設できないことになっているが、県をまたげば、いくらでも開設できるという裏ワザがある。これは国のシステムの不備ですが、いつまで経っても改善されず、これとて『医師のモラルを信じています』と言うのです」(医療ジャーナリスト)

 さらにクリニック側にもカラクリがある。とにかく開設しなければ儲けようがないので、医師を抱き込むための必要経費は真っ先に計上される。

「診療所を開くには、さしあたって保健所に届け出る医師の名前が必要なんです。だから、『先生の名義を貸して下さい。いずれ院長が見つかったら、その者に任せます』と言って、ワイロを包むんですよ」(元美容クリニック経営者)

 新規参入した美容外科の場合、広告宣伝費が一番かかるという。そうなると、どこかで経費をケチらなければならない。今回の事件の場合、経費削減の筆頭候補が人件費で「無資格医に医療行為をさせる」という暴挙に繋がったわけだが、前出の元美容クリニック経営者は「開業当初は設備費をケチるケースが圧倒的に多い」と続ける。

愛知県警本部

愛知県警本部

「最初は本当に効果があるような高額な医療機器は導入できません。例えば、脱毛機は本当に効果のある海外物だと3000万円もかかるのですが、これが安い国産物だと800万円ほどで入手できる。ある程度儲けてからしか入れられないので、新規参入の美容外科は、格安料金などを謳ってとりあえず客を呼び込むしかない。これで客を呼び込み、安く施術して利益を積んでから、高額な医療機器を買うのがセオリー。この世界に身を置く者なら誰でも知っていますよ」

 さらに客を口説くのには効果的な方法があるという。

「エステを徹底的に悪者にして、差別化を図るのです。美容外科に来る客は必ずと言っていいほど安いエステに通った経験があります。そこに目をつけて、『エステなんかに何百万円つぎ込んでも効果があるわけない』、『医療じゃないのになぜできるのかこっちが聞きたい』などと言って、レーザー照射の効果などを説明するわけです」

 いくら格安料金だからといって、新規参入した美容外科には「行かない」のが賢明な選択といえるだろう。 <取材・文/響波速人>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中