「魔女がずっと語りかけてくる」天才ピアニスト・ジョヴァンニ・アレヴィの頭の中

ジョヴァンニ・アレヴィ イタリアの天才ピアニスト、ジョヴァンニ・アレヴィ(Giovanni Allevi)の頭の中には常に音楽が流れているという。彼曰く「頭の中に魔女が住んでいて、彼女が音楽を持ってくる」のだそうだ。そして、「普通なら気が狂うね」とも笑う。常人には理解しがたい天才作曲家の頭の中はどうなっているのだろうか? 日本好きでも知られる彼が“作曲”した、日本にまつわる4つの曲の誕生秘話をもとに、その秘密に迫ってみた。

 (さて、その前に、上記の4つの曲は著作権の関係上ここでお聴かせすることはできないが、ジョヴァンニの「頭の中の魔女」がどんな曲を彼にもたらせているのか、彼の公式チャンネルからビデオクリップをご紹介しよう。ぜひ、その旋律を聴きながら、続きを読んでいただきたい。

「Go with the flow」https://www.youtube.com/watch?v=yt8ypwvk7do



 ジョヴァンニがピアノを弾き始めたのは5歳のとき。どうやら大変厳しい父親の教育があったようで、伝統的なクラシック音楽のピアニストになるべく日々ピアノに向き合う日々だった。そんな幼い頃から毎日ピアノを弾かされていれば、「頭の中に音楽が流れて止まらない」という状態になるのもわかるような気がすると思い、「いつ頃からそうなったのか」と尋ねてみた。すると、返ってきたのは予想外の答えだった。

音楽は小さいときからずっと頭の中に回っていました。とにかく、魔女がずっと語りかけてくるんですが、自分でそれを拒否するようなところもあって、それを書き留めようとか自分の作品にしようとは思えませんでした」

 どうやらジョヴァンニにとってこの現象は後天的なものではなく、先天的なものだったようだ。ちなみにジョヴァンニ曰く、その魔女は絶性の美女で20代後半。子供の頃から彼女が頭の中にいるが、彼女は年を取らないのだそうだ。そして、その魔女が語りかけてくる楽曲を「自分の作品」と認めなかったのもまた、父親の教育が影響していたらしい。

「父には『自分の発想で曲を書くというのはおかしい。それよりはピアノの練習をしろ。既にある曲を弾きなさい』と言われていました。演奏者としてクラシック音楽をずっとやっていきなさい、ということですね。それでなかなか自分の創作の芽が出ませんでした。そして、頭の中の魔女の“語りかけ”を受け入れたのが17歳のときでした」

 その曲のタイトルが「Japan」。かつてインタビューしたときには「『ドラえもん』『アラレちゃん』『ベルサイユのばら』『アタックNo.1』など、僕らの世代はアニメで日本を知りましたから、その背景の絵などから穏やかな優しい感じの日本を想像して作りました」と答えていたが、実は「作りました」というのは世間にわかりやすいようにするための表現だった。当時のインタビューでも答えているが、やはり普通のミュージシャンの“作曲”方法とは異なる「ジョヴァンニの曲」の“誕生の仕方”があるようだ。

※vol.2:天才ピアニスト・ジョヴァンニ・アレヴィの「日本にまつわる4つの曲」に続く http://nikkan-spa.jp/885754

取材・文/織田曜一郎(週刊SPA!) 通訳/堂満尚樹 写真撮影/高木あつ子

THE PIANO OF GIOVANNI ALLEVI His Best 1997-2015

日本向けベスト・アルバム

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中