カッコはともかくクロスオーバー7の乗り心地はレガシィ・アウトバックより上!

ドラマで描かれるように、編集者にとって担当作家は神様。一読者だった自分が憧れの人の担当になれるなんて! しかし編集者である以上、時には心を鬼にしなければ……。気まぐれな神様を飽きさせずに、新機軸を打ち出そうと常に試行錯誤しております。で、そろそろ神様の上から目線にも飽きてきたと思うので、こんな感じはどうでしょうか?(担当K)

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

鬼編集者の命令で北米市場重視のスバル車批判を試みました

聖地に鎮座する富士重工業製の国産初のジェット練習機「T1」と一緒に。スバル様、モノゴトの上っ面しか見ていない担当編集者で、ホントどーもすいません

◆鬼編集者の命令で北米市場重視のスバル車批判を試みました

⇒【前回】「最近のスバル車はあまりにも北米市場にすり寄ってるは本当か?」はコチラ

 仕上げに、この2台でスバルの聖地・太田工場へ乗り込んで、厳重抗議のシーンを撮影しようじゃありませんか。

 が、実際に乗ってビックリ。この古臭くてカッコ悪いエクシーガ・クロスオーバー7の乗り味が実にイイ。エンジンやミッションはレガシィ・アウトバックと同じで、ゆったりおおらかに気持ちよく加速するが、乗り心地は明らかにこちらのほうが上! ふんわりしなやかで絶品の乗り味やんけ。ハンドリングも素直でまったく古さを感じさせない。内装のセンスもイイ。お値段も結構お買い得。悪いのはダサい見た目だけでした!

 うーむ、まさかスバルがこんなにも真摯に国内市場のことを考えていたとは。炎上ビジネスを狙っての罵詈雑言、本当に申し訳ございません。日本人として恥ずかしい限りです。思えばスバルの前身は中島飛行機。その工場から零戦の栄エンジンが生み出され、大東亜決戦機「疾風(はやて)」も送り出されたのでありました。我々はこのカッコ悪いエクシーガ・クロスオーバー7にありがたく乗せていただきつつ、レガシィ・アウトバックの北米での武運長久を祈らせていただきます。欲しがりません勝つまでは。帽振れ! 敬礼!

【結論】
2台のスバル車を乗り換えつつ群馬へ向かっているうちに、自然と涙がこぼれてきました。スバルは、かつての敵アメリカの地で勝利を重ねております。我々はひたすら銃後の守りに励もうではありませんか

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中