ハーフ芸能人ブームの余波? ハーフ風俗嬢が人気

 テレビや雑誌の世界でも欠かせない存在となっているハーフ美女。日本人離れしたその容姿とスタイルで、今や「ハーフ枠」が存在するほど人気を集めている。

ハーフ風俗嬢 その人気はAV業界にも飛び火。童顔むっちりボディというキュートな見た目とは裏腹のハードプレイで知られた新井エリー(大沢佑香、晶エリー、現在、照沼ファリーザ名で音楽活動)もシリア人の父と日本人の母を持つハーフ美女だ。また先日、「第2の蒼井そら」と呼ばれ中国人富豪と15年10億円というメジャーリーガー顔負けの専属契約を果たして話題となった、元AV女優の水咲ローラも、ロシア人と日本人というハーフ美女の一人だ。

 だが、ハーフ美女の進出は何も芸能界やAV業界だけではない。風俗業界にも多くのハーフが在籍。ハーフ風俗嬢は注目の的なのだ。

「ひと昔前なら風俗業界でもハーフは稀な存在でした。しかし、ここ数年ハーフ風俗嬢が一気に増加。大手グループには何人かのハーフ風俗嬢が在籍するという状況になっています。しかし、出勤するやたちまち予約でいっぱい。お客同士の奪い合いが激化しています。ハーフという付加価値を求めるお客が多いのは確かでしょう」(在阪風俗ライター)

◆ハーフ風俗嬢増加の知られざる理由とは

 全国的に見てもハーフ風俗嬢は増える一方だ。なぜここまで人数が激増したのだろうか。その理由をとあるデリヘルのオーナーはこう語る。

「ひとつには若い世代の女性たちが風俗業界で働くという抵抗が薄れているということ。もうひとつはひとり親という家庭環境。母親が外国人の場合だと、離婚後の再就職は非常に厳しく、職も限られてくる。そんな家庭事情からハーフの娘さんが風俗業界で働いて家計を支えているケースがあるんです」

 就業意識の変化や家庭の事情で次々に風俗入りを果たすハーフ美女たち。だが、最近ではその人気にあやかろうと怪しげな専門店がも現れているという。

「ハーフ専門店を謳って全国展開しているお店もありますが、業界内では『ハーフもおらず、ぼったくり』ともっぱらの噂」(ライター)

 大阪では空前絶後のフィーバーを巻き起こそうとしている新ジャンル。良くも悪くも注目が集まっているようだ……。

<ハーフ風俗嬢 in 関西 TOP5>

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=910483

●はづきちゃん(バングラデシュ×日本)
18歳 T162 B87 W55 H83
『スピード・エコ日本橋店』電:06-6211-1917、営:10時~翌1時(金・土)10時~翌2時、料:60分1万円~。モデルのローラと同じバングラデッシュのハーフとあってかなりの美脚嬢だ

「スピードエコ日本橋店」はづき●ナナちゃん(ブラジル×日本)
23歳 T158 B87 W55 H83
『REAL日本橋店』電:06-6214-9696、営:10時~LAST、料:60分1万1000円~。ブラジルと日本人のハーフ嬢だけにラテンのリズムが染み込んだ腰つきとフェラは規格外

「リアル日本橋店」ナナ●佐々木実知ちゃん(スペイン×日本)
25歳 T165 B86 W56 H84
『マダム麗奈大阪』電:06-6767-0660、営:14時~翌朝、料:70分4万円~。情熱の国スペインの血を受け継ぐ彼女は元雑誌モデルの実績を持つ、筋金入りのハーフ美女。気品溢れるプレイは◎

●葉月ちゃん(イギリス×日本)
24歳 T158 B90 W58 H84
『ギャルズネットワーク大阪店』電:06-6772-9944、営:24時間、料:60分・1万4000円~。得意プレイのGカップパイズリは悶絶必須。しかし「私、オモチャに弱い」と可愛らしい一面も

●えれなちゃん(メキシコ×日本)
19歳 T160 B90 W56 H84
『やんちゃな子猫 難波店』電:06-6213-5103、営:24時間、料:40分1万1000円~。業界未経験だけに性感帯を尋ねると「えっ、恥ずかしいです」と顔を赤らめるほどウブなハーフ嬢

※取材時6月調べ
― 2015年上半期[裏ヒット商品]ランキング ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中