「増毛・植毛」治療で起こりうるリスク。感染症にかかることも

自分を変えたい。環境を変えたい。目標を立て、一念発起して挑戦。一時は成果を挙げたと思ったものの、続かなかったり、「何かが違う!」という事態に陥ることも。一体、何がダメだったのか、人々の声を紹介する

◆治療法を見極めなければ感染症にかかることも!<増毛・植毛>

増毛・植毛 薄毛をカバーする方法は数多くある。まず、自毛に人工毛を縛り、髪が増えたように見せられる増毛。ただ、自毛への負担が大きく長期的には向かない。そして植毛は人工毛と自毛に大きく分かれ、特に前者で痛い目に遭う人が多いとか。

 人工毛植毛しても約1年で抜けるため、8年間半年ごとに繰り返した木村和則さん(仮名・50代)は、しまいには頭皮が赤くただれることに。人工毛植毛は頭皮に感染と炎症を起こすリスクがある。

 今注目されているのが、日本皮膚科学会が’10年に作成した男性型脱毛症診療ガイドラインで、高評価を得ている「自毛植毛」だ。「これは後頭部などの毛髪を薄くなった部位へ毛根ごと移植するもの。移植後の毛髪は一生成長します」と教えてくれたのは、紀尾井町クリニックの柳生邦良院長。

「ただ、医師によって結果に差が出るのが現状。細胞を扱うため、スピードや温度、湿度など、細かな技が求められ、何よりも経験がモノをいいます。モニターの写真を多く掲出するクリニックほど、実績があると考えていいと思います」

― [劇的変化]に失敗した人々からの伝言 ―

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中