なぜ? 3万円の「包茎手術」が400万円になっていた

 包茎に悩む男は数知れず。東京・大田区にある高橋クリニックの院長・高橋知宏氏は、ブログ「包茎と包茎手術」で包茎に関する数多くの相談を受けてきた。

悪徳商法「一番多いのは、手術料金に関することです。広告では3万円などと低価格で包茎手術ができると謳いながら、実際に患者の男性器を見て、やれ皮が長すぎる、やれ亀頭が小さいなど、さまざまな難癖をつけ、美容形成に関するオプションをつける。それも、常識的には考えられないような金額です。最終的に400万円の医療ローンを組まされてしまった人もいます」

 並々ならぬ覚悟で病院を訪れたのに、自分の性器にあたかも大きな問題があると言われれば、まともな判断をするのは難しいだろう。

「まず、医師が診断しているかどうか。そして、なにかとオプションをつけようとしていないか。そもそも包茎は病気ではないですから、やたらと手術を勧めるようなところは、お金儲けのためにやっていると考えていいでしょう」

― [劇的変化]に失敗した人々からの伝言 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中