悲劇…シミのレーザー除去手術で「もっと濃いシミ」ができてしまった

シミのレーザー除去手術「治療費も良心的で、ネットでのクチコミの評価も良く、知り合いにも勧められたので大丈夫だと思って行ったのですが、呆れました」

 そう語るのは、2年前に都内の皮フ科クリニックで顔にあるシミのレーザー除去手術を受けた吉田あかねさん(仮名・34歳)。

「地域密着型を謳っていて、繁盛している感じでしたね。私は、左頬2か所、右のこめかみ1か所のシミをレーザーで除去してもらう予定でした。ベテラン風の女性院長と助手がついたのですが、機材をいじりながら、『あれ、スイッチどこだったかしら』『電源が入らない』と初めから大丈夫か?と……」

 なんとか3か所を施術してもらい、言われた通り患部に専用の保護シートを貼って経過観察した。

「当日は、なかなか血が止まらないし、言われていた期間を過ぎても皮膚が再生していなくて。左頬にはもっと濃いシミができて、右のこめかみはケロイド状になってしまったんです。そこで経過と状態を説明し、どうなっているのでしょうかとメールを送ったら、『ご心痛ですね。今までケロイド状になったという経験はありません。心配なら診察にいらしてください』と他人事というか慇懃無礼な返事が来ました」

 このメールに呆れた吉田さん、今も傷跡は残るが「争っても仕方ない」と結局は泣き寝入りしたとのことだ。

― [劇的変化]に失敗した人々からの伝言 ―

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中