40代で骨粗鬆症!? 太ももの筋肉がない痩せている女性は要注意

<病気の予兆を見逃すな/医学ジャーナリスト・市川純子>

 その不調は病気のサインかも!? 私たちを襲う危険な病気とその予兆を、ケーススタディで紹介します。

◆太るのが嫌だからと炭水化物を摂らないと……

40代で骨粗鬆症!? 太ももの筋肉がない痩せている女性は要注意

若いときの過剰ダイエットには要注意!?

 鉄道会社に勤務するKさん(42歳)は、子どものころから鉄道好き。まさか自分が憧れの運転士になれるとは思っていなかった。休日の趣味は新幹線のグランクラスに乗ること。グランクラスでは弁当やおつまみが出るだけでなく、お酒も飲み放題。グリーン車より少し値段は高いが、大好きな鉄道で飛行機のファーストクラスのようなサービスが受けられる。Kさんは独身で母と2人で自宅暮らし。趣味に時間とお金が使える今の暮らしに満足していた。

 ただ、1つだけ気がかりだったのは、腰が曲がってきて身長も前より低くなった母親のことだ。自宅は多摩ニュータウンの一角で、山を切り開いて作った街のため坂道が多く、年老いた母の日々の買い物には辛そうだった。母は太るのを気にしてあまり炭水化物を摂らないようにしているらしく、痩せて腰が曲がってきた母親を見ていると、自分のご飯の支度や洗濯を頼んでいいものかといつも悩んでいた。

 そんなとき、Kさんは思い切って母親に人間ドックをプレゼントしてみた。後日、郵送された結果によると、骨粗鬆症の疑いがあるらしい。通院をはじめた母親に付き添って病院を訪ねたところ、医師から意外なことを言われた。

「お母さんは骨粗鬆症になりかけています。このまま進行すると、小さな段差で転倒しただけなのに骨折してしまい、最悪の場合は寝たきりということも考えられますので、今から治療していきましょう。痩せ過ぎは骨粗鬆症にとってはよくないです。適度に負荷をかけた運動、そしてたんぱく質の十分な食事を心がけてください。お母さんの食事内容を聞く限り量も質も足りていないです。野菜だけの食事は危険です。お肉や魚、卵、大豆、乳製品。これらのたんぱく質をできれば毎食どこかにバランスよく入れてください」

 太らないし健康にいいという思い込みで、野菜ばかりを食べていた母親の食生活がよくなかったようだ。今夜は母親とステーキを食べに行こうと思ったKさんだった。

◆骨粗鬆症はお年寄りの病気ではない!

笹沼仁一院長

笹沼仁一院長

 神奈川県で総合病院としてははじめてPET-CTによる人間ドックを実施している新百合ヶ丘総合病(www.shinyuri-hospital.com/doc/index.html)の笹沼仁一院長は、「40歳を過ぎた女性は、PET-CTによるがん健診と骨密度検査をオススメしています。骨粗鬆症はお年寄りの病気だと思われていますが、40代からなりはじめている方もいます。骨粗鬆症は若いときに過剰なダイエットをした女性に多くみられますので、一度検査をして骨密度を計測してみてください。特に痩せている女性の場合、太ももの筋肉がないと転倒しやすくなるだけでなく、歩行にも障害が出てしまうことがあります。最近は誕生日、結婚記念日、母の日などに、男性から奥さんあるいはお母さんに人間ドックをプレゼントされる方もいます」と語っています。

【市川純子】
1961年栃木県生まれ。私鉄系広告代理店、PR 会社を経て、2004年ヘルスケア、スキンケア、栄養および食に特化したPR 会社「株式会社ジェイアンドティプランニング」を設立。20年以上ヘルスケアのビジネスをサポートすると同時に、数多くの疾病啓発や生活提案に取り組んできた。医療全般、スキンケア、栄養療法などが得意分野。製薬会社、医療機関、化粧品会社、食品会社などのクライアントを数多く受け持つ。著書に『危険な病気の意外な予兆69』(宝島社)
J&Tプランニング http://www.jtplanning.biz/
ブログ http://ameblo.jp/ebisuonnashacho/

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中