もつ鍋の新名店「九州自慢」1人前997円のお味は?

「編集部の忘年会にふさわしい店を探してこい!」

デスクからの指示が飛び、筆者は早速、聞き込みを始めた。なぜ刑事ドラマ風な書き出しなのかはおいといて、とあるライターから有力な情報が入る。

『九州自慢』って店のもつ鍋は美味いっすよ。しかも安いっす」

……ほほう。いいじゃないか、もつ鍋。編集部みんなで同じ鍋をつつき合えば、否が応にも交流が深まるってもんだ。しかも、安いとな。HP(http://www.oizumifoods.co.jp/kyushujiman/)で確認してみると、確かに安い。もつ鍋が1人前997円。しかし、安かろうまずかろうでは話にならない。というか、ヘタをすると、いやしなくてもデスクに血が出るまで殴られてしまう。それはイヤだ。ということで、筆者は同僚と共に、下見に行くことにした。経費で落ちることを信じ。

向かった先は「くいもの屋わん 九州自慢 錦糸町店」。思った以上にシックな店内に感動しつつメニューを開くと、その名に恥じぬ九州料理のオンパレード。馬刺し、いわし明太子焼き、冷や汁といった定番料理から、冷やした鶏のから揚げ「冷えひえ」や海老パン「ハトシ」といった珍しいメニューまでがズラリ! 思わず「このページに載ってるの全部!」とセレブオーダーしそうになったが、もつ鍋がメインであることを思い出し、踏みとどまった。危ないところだった。

馬刺しの塩ユッケ

オススメの食べ方は、まずはそのまま。で、次はグリグリ混ぜてパクリ。一品で二度おいしい!

厳選して注文した料理が次々と運ばれてくる。まずは「馬刺しの塩ユッケ」だ。なるほど、ユッケ特有の甘辛いタレで和えるのではなく、シンプルな味付けにすることで、馬肉のうま味を十分に堪能することができる。馬の肉だけに「うまい!」と言いたくなる己の腹を殴り、次の料理を待つ。

ハトシ

パンの間に海老のすり身が入っている。4つ全部一人で食べるとお腹いっぱいになってしまうので注意

続いて運ばれてきたのは、長崎の海老パン「ハトシ」だ。当たり前だが、揚げたて熱々である。マヨネーズしょう油に付けて食べるのだが、このジャンク感はたまらない。スナックと呼ぶにはボリュームがあり過ぎるが、ここら辺を前菜として出しておけば“万年欠食児童”と呼ばれる編集部員たちも黙っていることであろう。

鮪とアボカドの湯葉巻き

鮪がこれでもかと入っている。筆者の中ではナンバーワン前菜。実は、おかわりしてます……

お次は「鮪とアボカドの湯葉巻き」。これは正油に付けて食べるのだが……そうだよねぇ……マズいわけがないよねぇ……あぁ幸せだなぁ。や、マジメに書くと、鮪のうまみがアボカドの脂分で倍増し、そこに湯葉のシコシコとした食感が加わることで、神の一品となっているのだ。そりゃ幸せになるわ。

もつ鍋

これで2人前。ドーンという擬音語がふさわしい威容である。どんだけ食べても、翌朝もたれることはなかった

さて、いよいよメインディッシュの「もつ鍋」である。ドーンと置かれる鍋にこれでもかと入っている野菜ともつ。ていうか、もつデカっ! ちょっと見ないサイズだよ、これは。火を点け、煮えるのを待っている間に、テンションは最高潮に。やがて煮える、愛しのもつ鍋ちゃん。ああ……いただきます……パクリ……おお、おおおお! 美味いじゃないか! 味皇様なら、ビル3つは壊しているレベル! プリプリっていうかブリブリのもつは臭みがまったくなく、旨みだけを残して、口の中で溶けるように消えていく。スープもまた美味い。濃厚。スープだけでご飯食えるぞ、マジで。そして、山盛りのキャベツは甘みが強く、いくらでも入る。うわぁ……帰ったらライターに御礼言わないと……。これで1人前997円は安いわ、確かに。締めにちゃんぽん麺を用意してもらい、スープまでキレイに飲みほして……完☆食です!

ということで、編集部に帰り、自信満々でデスクにプレゼンする筆者。ここ、マジで美味いです。オススメです。「おお、そうか」じゃあ、決めちゃっていいですかね。「いいんじゃないか」よかった。ところで、下見で使ったお金なんですが。「ん?」いや、だから精算なんですけど。「ん?」えっと……。「よかったな、美味しい思いができて。今度は新年会も待ってるからな」だから精算……。「じゃ、みんなにアナウンスよろしく」

いいんですけどね、安かったから! 違うし! 目から出てるの涙じゃなくて、もつ鍋のスープだし!

ちなみに、こちらのお店を経営しているオーイズミフーズさんとの交渉の結果、11年11月末まで「SPA!を見た」と店員さんに言うと、もつ鍋が半額になるキャンペーンを実施してもらうことになりました。忘年会でも、合コンでも、デートでも、この店であれば、まず外しません。店選びに迷ったら、ぜひ!

文/太田優翔

関連記事

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中