“幸薄女子”がそこらへんの女より絶対モテる理由

【週刊SPA!連載 痛男!(イタメン)】
―『負け美女』のオトコ観察絵日記 犬山紙子 ―

◆“幸薄美女”にハマる“悲しい男”について

“幸薄美女”にハマる“悲しい男”について 先日、宮古島でエステに行ってまいりました。1時間3000円と、エステにしてはリーズナブルという理由で店を選んだのですが、施術は気持ちいいし、担当してくれてる人も綺麗で大満足……と思いきやなんか耳の周りでブーンって聞こえる。しかし、宮古島で虫に多少慣れていた私は「ハエだな」とさほど驚かず余裕をぶっこいておりました。しかし、施術も終わり周りを見渡すと、まさかのスズメバチですよ……。「ハチは敵意を見せなければ大丈夫」という施術者の謎の理屈でスズメバチ放置。

 そのうえ「あなたは霊感が強い」から「そのうち見えるようになる」とか、「人に感謝の言葉を言わなきゃダメ」などのお説教が繰り出されるんですよ。やっぱり店は安いってだけで選んではいけない。霊が見えたことなぞないわ! 感謝の言葉は……まあ、言うようにする……。

 さて、今ウチのテレビに『刑事物語』がずっと映ってるわけですが、刑事の武田鉄矢が「悲しそうな女の人ってのはどうして綺麗に見えるんでしょうね?」と倍賞千恵子演じる小料理屋の女将に聞くんですよ。

 で、倍賞さんが「それはあなたが悲しい人だからよ」と答えるわけです。うおお、シビれる。悲しそうな女がモテることについて「守りたくなるから」と色気のない回答をするのは簡単ですが、人に頼られてみたい、誰かのヒーローになってみたい男の悲しみをまるっと包み込む大人の名言、グッときたのです。

 しかし、それで思い出したのが3年前に一度会っただけのO君(当時28歳)。彼はそのとき、ちょうど幸薄美女と付き合っておりました。写真を見る限り裕木奈江さん系と言いますか、タレ目で色白で華奢な感じです。しかし、そのO君、彼女に浮気をされたそうなんですよ。「地味だから浮気しないと思ったのに」とぼやくのですが、彼女が浮気するのはわかる気もします。

 というのも、幸薄女子が放つ妙な色気は、なにもO君だけが感じるものじゃないですから。むしろそこらへんの女より絶対モテるのに、“地味だから”というワケのわからない理由で安心しきっていたのがO君の敗因と言えましょう。

 馴れ初めを聞いてみると「彼女がおっさんと不倫しており、その様子が非常に悲しそうなので、やめさせるべく告白して押し切った」とか。

 O君、素晴らしい行動力ではありますが、O君が押し切って付き合えたということは、もともと押しに弱い女性だったということ。不倫相手のおっさんにも、グイグイ来られて押し切られてしまったのでしょう。

“幸薄美女”にハマる“悲しい男”について

犬山紙子

 幸薄美女は救っても救っても、魔の手があちらこちらから伸びるわけですね。普通の女ならそれをシカトするなりしてはね除けますが、それをはね除けられないから、幸が薄いのであり……って、卵が先か鶏が先かみたいになりましたが、どちらにせよ、モテるうえにNOと言えない性格の女と付き合うのは、なかなかハードなものであります。

 しかしO君、浮気されてもなお……というか、むしろもっと彼女にハマってしまったそうで。これも幸薄の魔力でしょうか。しっかり捕まえとかないとどっかに行ってしまいそうな不安感は相手への執着を生みますものね。

 ああ、この当時『刑事物語』を見ていれば「O君、あんたが悲しい男だから、ハマるんだよ」みたいなカッコいいことが言えたのに。ん……私が言ってもそんなにカッコよくないな。倍賞さんだからかっこよかったのか……。

【犬山紙子】
エッセイスト。単行本デビュー作『負け美女』(マガジンハウス)で注目を浴びる。著書に『高学歴男はなぜモテないのか』(扶桑社新書)ほか。TVでは『スッキリ!!』『みんなのニュース』ほかでコメンテーターとして活躍中

★痛男!エピソード大募集★
犬山紙子さんにぜひ聞いて欲しいアナタのまわりの「痛男!エピソード」募集します⇒https://nikkan-spa.jp/inquiry
※件名には「痛男!エピソード」と記載してください。なお、いただいたエピソードは、週刊SPA!および日刊SPA!にて採用させていただくことがございます。ご了承ください

※「痛男!」は週刊SPA!にて好評連載中

SNS盛

恋と仕事で差をつける秘密のテクニック

高学歴男はなぜモテないのか

すべての男性に伝えたいコミュニケーション力のツボ

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中