“幸薄女子”がそこらへんの女より絶対モテる理由

【週刊SPA!連載 痛男!(イタメン)】
―『負け美女』のオトコ観察絵日記 犬山紙子 ―

◆“幸薄美女”にハマる“悲しい男”について

“幸薄美女”にハマる“悲しい男”について 先日、宮古島でエステに行ってまいりました。1時間3000円と、エステにしてはリーズナブルという理由で店を選んだのですが、施術は気持ちいいし、担当してくれてる人も綺麗で大満足……と思いきやなんか耳の周りでブーンって聞こえる。しかし、宮古島で虫に多少慣れていた私は「ハエだな」とさほど驚かず余裕をぶっこいておりました。しかし、施術も終わり周りを見渡すと、まさかのスズメバチですよ……。「ハチは敵意を見せなければ大丈夫」という施術者の謎の理屈でスズメバチ放置。

 そのうえ「あなたは霊感が強い」から「そのうち見えるようになる」とか、「人に感謝の言葉を言わなきゃダメ」などのお説教が繰り出されるんですよ。やっぱり店は安いってだけで選んではいけない。霊が見えたことなぞないわ! 感謝の言葉は……まあ、言うようにする……。

 さて、今ウチのテレビに『刑事物語』がずっと映ってるわけですが、刑事の武田鉄矢が「悲しそうな女の人ってのはどうして綺麗に見えるんでしょうね?」と倍賞千恵子演じる小料理屋の女将に聞くんですよ。

 で、倍賞さんが「それはあなたが悲しい人だからよ」と答えるわけです。うおお、シビれる。悲しそうな女がモテることについて「守りたくなるから」と色気のない回答をするのは簡単ですが、人に頼られてみたい、誰かのヒーローになってみたい男の悲しみをまるっと包み込む大人の名言、グッときたのです。

 しかし、それで思い出したのが3年前に一度会っただけのO君(当時28歳)。彼はそのとき、ちょうど幸薄美女と付き合っておりました。写真を見る限り裕木奈江さん系と言いますか、タレ目で色白で華奢な感じです。しかし、そのO君、彼女に浮気をされたそうなんですよ。「地味だから浮気しないと思ったのに」とぼやくのですが、彼女が浮気するのはわかる気もします。

 というのも、幸薄女子が放つ妙な色気は、なにもO君だけが感じるものじゃないですから。むしろそこらへんの女より絶対モテるのに、“地味だから”というワケのわからない理由で安心しきっていたのがO君の敗因と言えましょう。

 馴れ初めを聞いてみると「彼女がおっさんと不倫しており、その様子が非常に悲しそうなので、やめさせるべく告白して押し切った」とか。

 O君、素晴らしい行動力ではありますが、O君が押し切って付き合えたということは、もともと押しに弱い女性だったということ。不倫相手のおっさんにも、グイグイ来られて押し切られてしまったのでしょう。

“幸薄美女”にハマる“悲しい男”について

犬山紙子

 幸薄美女は救っても救っても、魔の手があちらこちらから伸びるわけですね。普通の女ならそれをシカトするなりしてはね除けますが、それをはね除けられないから、幸が薄いのであり……って、卵が先か鶏が先かみたいになりましたが、どちらにせよ、モテるうえにNOと言えない性格の女と付き合うのは、なかなかハードなものであります。

 しかしO君、浮気されてもなお……というか、むしろもっと彼女にハマってしまったそうで。これも幸薄の魔力でしょうか。しっかり捕まえとかないとどっかに行ってしまいそうな不安感は相手への執着を生みますものね。

 ああ、この当時『刑事物語』を見ていれば「O君、あんたが悲しい男だから、ハマるんだよ」みたいなカッコいいことが言えたのに。ん……私が言ってもそんなにカッコよくないな。倍賞さんだからかっこよかったのか……。

【犬山紙子】
エッセイスト。単行本デビュー作『負け美女』(マガジンハウス)で注目を浴びる。著書に『高学歴男はなぜモテないのか』(扶桑社新書)ほか。TVでは『スッキリ!!』『みんなのニュース』ほかでコメンテーターとして活躍中

★痛男!エピソード大募集★
犬山紙子さんにぜひ聞いて欲しいアナタのまわりの「痛男!エピソード」募集します⇒qspa@fusosha.co.jp
※件名には「痛男!エピソード」と記載してください。なお、いただいたエピソードは、週刊SPA!および日刊SPA!にて採用させていただくことがございます。ご了承ください

※「痛男!」は週刊SPA!にて好評連載中

SNS盛

恋と仕事で差をつける秘密のテクニック

高学歴男はなぜモテないのか

すべての男性に伝えたいコミュニケーション力のツボ

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中