元テラスハウス・ちゃんもも◎が美容整形した理由「亡くなったお母さんと似た二重にしたくて」

かつての否定的なイメージとは裏腹にカジュアルになる美容整形。技術向上などもあり、より安心・安全なものとして女性に受け入れられている。しかし、一方で不満の声も根強い。整形をした女たちは今、何を思うのか?

◆整形をしたいコたちの参考になれたらいい

ちゃんもも◎

ちゃんもも◎オフィシャルブログ「CHAЙMOMO of PДrДdiSё」より

「昔から一重の目がイヤで、『なんでお母さんに似てないの?』って疑問に思っていたんです。だから、中学生のときにお母さんから整形の告白をされてすごく驚きました」

 2度の二重整形をしたきっかけを話すのは、タレントのちゃんもも◎(24歳)だ。最初は自身の悩みを解消するためだったが、2回目は意味が違う。それは19歳のときに突然訪れた両親との死別だ。

「寂しくて、自分を励ます唯一の方法で『お母さんと似た二重にしよう』と思ったんです。手術が終わって、顔を見たときに嬉しくて私自身が救われましたね」

 そんな彼女が有名になるきっかけの『テラスハウス』や自叙伝で整形を告白した理由には、「誰かの役に立ちたい」という思いがある。

「特に本は中高生の女のコを意識して書きました。それまで整形を公言している方は全身整形だったり、限度を超えている整形とか。そうじゃなくて、10代で悩みを抱えた普通の女のコが整形をしたっていう私の体験が何かの参考になったらいいなと思ったんです」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=926332(整形前、中学生の頃の写真)

ちゃんもも◎

整形前、中学生の頃の写真「もし自分と似た女のコが生まれたら、ちゃんと説明できるか不安はありますね」

 今後の整形については、「もうしなくて大丈夫ですよ!」と笑顔を見せる。自分を通じて誰かを勇気づけられることに、彼女は自信と幸福を感じているようだった。

【ちゃんもも◎氏】
彼女の自叙伝『イマドキ、明日が満たされるなんてありえない。 だから、リスカの痕ダケ整形したら死ねると思ってた。』(ワニブックス)が発売中。また、ラジオ番組『空と庭とちゃんもも◎と』でパーソナリティを担当

― [整形した女たち]のその後 ―

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中