全身整形を続けるタレント・ヴァニラ「まだ理想の5%ですね」

かつての否定的なイメージとは裏腹にカジュアルになる美容整形。技術向上などもあり、より安心・安全なものとして女性に受け入れられている。しかし、一方で不満の声も根強い。整形をした女たちは今、何を思うのか?

◆整形による物足りなさで自分を高める

ヴァニラ オフィシャルブログ「ヴェルサイユにっき」Powered by Ameba

ヴァニラ オフィシャルブログ「ヴェルサイユにっき」より

 フランス人形を目指すという目的のためだけに全身整形を続けているタレントのヴァニラ(年齢非公表)。なぜ、そこを目指すのか。

「女のコは子供の頃に、お人形やお姫様に憧れるじゃないですか。だから、誰が見ても可愛いと思える究極の美を持っているフランス人形になりたいと思ったんですよ」

 そう考えるようになった彼女の根源には、小学校で壮絶なイジメを体験した過去があったからだ。

「同級生からは『ブスブス』と連呼され、笑うこともなかったから『鉄仮面』というあだ名をつけられていました。親に相談したら、『ブサイクだから仕方ないでしょ。じゃあ整形したら?』って。それからはとにかく自分を変えたい一心で、整形し続けてきたんです」

 今までに整形回数は40以上、手術費用は3000万円を超える。テレビ番組では発言が物議を醸し、ネット上で“整形モンスター”と揶揄されることも。

「最初は思った以上の反響で驚きました。でも私はモテたいとか誰かのためじゃなくて、自分のためにやっているので関係ないですね。顔面崩壊とか『最後はマイケル・ジャクソンみたいになる』って言われますけど、自分の限度は知っている。鼻が膿んで失敗したり、おでこの手術のときは2週間寝たきりになったり、リスクを伴うことも。だから手術のときは細かく調べて、計画を立ててやっているんです。整形依存と勘違いされますけど、同じだと思われたくない」

 すでに十分な美貌の彼女だが、「まだ理想の5%ですね」と話す。

「いつまでも自分の美に物足りなさを感じているほうが、輝いていられるんです。逆に満足してこれ以上の美はないと思ったら、老いていくだけ。だから、今後も整形し続けていきたいと思っています」

 整形によって満足感を得る人は、目標達成に近づくプロセスを楽しめる人なのかもしれない。

【ヴァニラ氏】
総額3000万円以上使って、足と骨以外は、ほぼ全身に整形を施している美の伝道師。彼女の生い立ちや整形のすべてが書かれた自叙伝『超整形美人』(竹書房刊)が発売中

― [整形した女たち]のその後 ―

超整形美人

初の自伝的フォトエッセイ

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中