恋活アプリを利用する女子の本音「多くの出会いを求めたいときは『○×系』を利用します」

 かつて訝しげに見られていた「恋活アプリ」も、最近ではすっかり市民権を得てきている。今や、「ネット(アプリ)で今の恋人と知り合った」というエピソードはなんら珍しいものではない。

 だが一方、恋活アプリが増えすぎて、どれが本当に出会えるのかわからないという声もある。特に、こうしたアプリについては男性側からのレビュー記事はごまんとあるが、女性ユーザーの声はなかなか入ってこないもの。

 いったい、女性ユーザーはどういった基準でアプリ内の男性を選んでいるのだろうか。女性ユーザーに聞いた、貴重な情報を紹介しよう。

 10種類以上の恋活アプリに登録し、日々運命の彼を探している彩美さん(仮名・24歳)。今回、彼女に女性が思わず「いいね!」したくなるアプリについて聞いてみることにした。なぜ「『いいね!』したくなるアプリ」に限定するかといえば、まず、女性はあまり積極的に男性に対して「いいね!」(サイトによっては「気になる」「ウインク」など)ボタンを押さない。アプローチは大抵男性から、というのはどのアプリでも共通だ。

 女性は、自分に「いいね!」を送ってくれた男性にのみ「いいね!」を返す。そのため、カップリング率が高いアプリとは、女性が「いいね!」を思わず押してしまいやすいアプリということになるからだ。

◆恋活アプリは「○×系」と「リスト系」に分かれる

恋活アプリを利用する女子の本音

彩美さんは常に10コ以上の婚活アプリを使っている

彩美:恋活アプリは、ざっくり言って「○×系」と「リスト系」の二つに分けられます。「○×系」とは、男性が自分の好み(◯)か、好みじゃない(×)か振り分けていくタイプ。具体的には『Tinder』、『pairs』や『タップル誕生』、『ゼクシィ恋結び』がそれにあたります。

「リスト系」は『omiai』、『DMM恋活』、『youbride』など、男性一覧のページがあって、男性写真をクリックするとそれぞれの詳細ページに移動するタイプです。

「○×系」のアプリは、一人目に表示された男性を評価しないと二人目に進めない仕組み。そのため、スマホ画面に映った男性ユーザーを他の男性ユーザーと比べられないため、相手への絶対評価にならざるをえません。

 とはいえ、男性を1人ずつ順番に振り分けるのは結構疲れる作業。その点、「リスト系」は男性一覧ページを見て「この一覧の中ならこの人がいいかな」と、気になる男性だけを選ぶ相対評価ができます。

 暇なときは3~5人、忙しい時は1人だけ「いいね!」を返す、なんて調整も効くので、忙しい女性にとってはリスト系の方が使いやすいんです。

◆カップルになったら女性はメッセージを送るもの

彩美:マッチングした男性に対しては、「きちんとメッセージを送らないと」という意識を持つ女性は珍しくありません。というのも、男性のように「とりあえず『いいね!』しとくか」といったメンタルの持ち主はあまりいないから。ちゃんと自分を見てくれている男性かどうか判断する。だから、カップルが成立してすぐにメッセージを送れるアプリのほうが女性に好まれる傾向にあります。

◆女性好まれる婚活アプリは?

 今回話を聞いた彩美さんのオススメは『youbride』。デザインが綺麗で動作も早いのがその理由だという。

 ただし、写真登録が必須ではなかったり、有料会員にならないと閲覧できない男性がいるなど、不満点がないわけではない。多くの男性と出会いたいときは「◯×系」をチョイスするのもアリというので参考にしてみたい。

<取材・文/日刊SPA!取材班>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中