お受験、左翼思想…“暴走する妻”に夫も子供もヘトヘト

健康食、節約、子供の教育から反原発まで。さまざまなジャンルにハマりこむ嫁。その“やりすぎ”に振り回される、世の夫たちの悲喜こもごもを探ってみた

◆国際人教育、左翼……夫も子供もヘトヘトです

国際人教育、左翼…“暴走する妻”に夫も子供もヘトヘト ひとつの思想に強烈な愛情を注ぎすぎるのも、暴走妻の特徴のひとつ。なかでも、愛する子供のこととなればなおさらだ。

 小学校受験を終えた5歳の息子を持つ男性(37歳・サービス)は、自身の妻の暴走ぶりをこう嘆く。

「深夜に帰宅したら、息子が泣きながら皿の上の豆を1粒箸でつまんでは別の茶碗に移す光景を目撃。何事かと思ったら、小学校のお受験対策。昼間も幼稚園が終わると幼児教室へ、と勉強漬けの毎日。結果、見事に合格し、嬉し泣きした息子の最初の一言は『これでもう勉強しなくていいんだ』でした」

 過激なお受験信仰はもはや虐待レベルだが、同様に被害報告が多いのが「英語」にハマる妻たち。

「『子供を国際人に育てたい』という妻の方針で、我が家の公用語は英語。僕自身の英語力は英検3級程度なので、子供とできる会話は挨拶のみ」(41歳・メーカー)

 毎朝、息子に「ハーイ、ダディ!」と言われて、「ハ、ハイ!」と返すたびに情けなさと切なさをかみしめているという。

 憲法でも思想の自由は守られているが、それはあくまで他人に迷惑をかけない範囲での話。「九条の会」にも所属するバリバリの左翼妻を持つ夫(45歳・IT)いわく、一時は「思想は個人の自由」と放置してたが、最近は実害が。

「家族の年賀状の一言コメントに『最近の首相はおかしい』などと政権批判を書き込むため、上司からも『リベラルな奥さんだね』とのツッコミが。恥ずかしいのでやめてと頼むと『国の不正を見逃すのか』と逆ギレされる始末。左翼思想を聞かされて嫌気が差し、僕自身は右寄りになりつつあります」

 ちなみに最近は妻の思想に10代の娘も感化され、国会前の反原発デモに一緒に参加したとか。夫にとって負の連鎖は続きそうだ。

― 過剰妻の“やりすぎ”被害報告 ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中