反原発、孤児、フェミ思想…夫より自らの“思想”に尽くす妻たち

健康食、節約、子供の教育、趣味から反原発まで。さまざまなジャンルにハマりこむ嫁。その“やりすぎ”に振り回される、世の夫たちの悲喜こもごもを探ってみた

◆反原発、孤児、フェミ思想。夫より思想に尽くす妻

反原発、孤児、フェミ思想。夫より思想に尽くす妻 原発といえば、放射能に怯え、夫を残して疎開した嫁も。

「震災直後、突然妻が『このまま東京で放射能を浴びたらダメだから、岡山県に移住する。できないなら離婚!』と言い出した。しかたがないので子供と嫁だけ移住させたが、岡山でもスマホに『放射能MAP』というアプリを入れ、外出時には常に放射線量をチェックする念の入れよう。時々そんな妻が怖くなります」(44歳・印刷)

 46歳で通信会社に勤務する男性の妻は、某国の孤児支援に熱心で、夫婦で過ごす時間はほぼ皆無。

「去年、僕に転勤の辞令が出たときも、『活動に支障をきたす』と妻に迷いなどなく単身赴任に。結果、日頃から活動を優先させる妻とは、数か月間会わないこともザラ。先日も2か月ぶりに来るというので近所の割烹を予約したが、『イベントがあるのを忘れてた!』という理由でドタキャンでした」

 孤児を救う前に、夫の孤独を顧みてやってほしいところだが。

 そして、妻の暴走から、ついに離婚に発展したという事例も。

「アメリカ留学を機にジェンダーに目覚めてしまった嫁。『だから男はダメ』が口癖で、男というだけで常にバカにされる。うっかり浮気がバレたときも『ただの遊び』と弁解したら、『女性を性の対象として見下すお前は最低だ』と家出。何度も修復を試みるもヨリは戻せませんでした」(52歳・デザイン)

 浮気するのが悪いとはいえ、常に否定され続けた夫のジェンダーも尊重してほしかった!?

― 過剰妻の“やりすぎ”被害報告 ―

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中