ヒラ社員のまま40代…出世できないサラリーマンの苦悩

20年近くヒラ社員のサラリーマンの苦悩 40代でヒラのままというのは、今後増えていくとはいえ、なかなか現実を受け入れられない会社員も多い。教育塾を運営する会社に現場の社員として15年勤める多田さん(仮名・43歳)は、「数年前、教育方針の食い違いで上司とモメて目をつけられて以来すっかり出世枠から外されました」と表情が暗い。

「同期には、取締役クラスもいるので完全にナメられていますね。わざと私に聞こえるように後輩女子に対して、『あいつはデキない男だから』と耳打ちしているんです。おまけに家族や親戚からもその程度の人間だと扱われる毎日です。いっそ出世は諦めて、会社でも起こさないと人生の逆転を図れない気がします」

 私生活への影響も大きい。健康機具系メーカーの下請け会社に勤める宮内さん(仮名・40歳・勤続年数12年)もヒラ社員だ。

「入社当時は技術職として採用され、ここ10年ひたすら開発の日々。別の部署に行ってマネジメントをしたい気持ちもありますが、所詮下請けなので……。我々のような下請けの技術者の夢は、やっぱり企画から携われるメーカーの社員になることですね! とはいえ、この年で採用してくれるのかといえば、難しいんじゃないでしょうか」と、自分自身の力量不足を嘆く。

 一方、役職こそあれど、名ばかりだと不満を漏らすのは、日本郵政で郵便局本局の“主任”の佐藤さん(40歳)。事情があるようだ。

「一応、主任って肩書きは付いていますが、ほかの企業のそれとは違って名前だけ。社員は一定期間働けばほぼ自動的に昇進でき、私も20代後半で主任になりました。ただし、実質的には平社員と変わらず、局内では1コ上の総務主任から役付きという認識なんです」

 給与もそれほど反映されているわけではない。課長クラスになっている同期を見ると焦る気持ちもあるが、「あんな忙しくする覚悟も責任もないから、このままでいいような気もします!」(佐藤さん)という諦めなのか単なる強がりなのか、よくわからなくなっているようだ……。週刊SPA!8月4日号では、「会社員の9割は課長になれない!」という特集を組んでいる。身につまされる話ではあるが、勇気をだしてご一読を。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!8/4号(7/28発売)

表紙の人/進撃の巨人

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中