「インスタで初対面の男性との出会いはアリ」女性200人アンケート

若い女子にとってのSNSといえば、Facebookではなくインスタグラム。芸能人に倣い、自撮り、私服公開など、猫も杓子も「イケてる私を見て」とオシャレ合戦に突入しているのだ。しかし、自意識過剰の女子ほどワキが甘いものはない――

◆インスタは承認欲求を満たしたい女の巣窟だ

インスタで初対面の男性との出会いはアリ? 昨年末、月間のアクティブユーザー数が全世界で3億人とTwitterを超えたことが話題となった画像投稿系SNSのインスタグラム(以下、インスタ)。日本でもダルビッシュが交際宣言に使用したり、ユニークな自撮り画像を投稿する渡辺直美が世界中に約150万人のフォロワーを持つことが報道されたことなどから、一般的にも認知されつつある。

 国内でのユーザー数は公開されていないが、下記のグラフにある「主要SNSの一日に1回以上アプリを利用している人の割合」ではモバゲーに次ぐ3位。女性ユーザーが多いことから、美容、アパレル業界を中心としたビジネスツールとしての活用方法が多く語られているが、今回、あえて“出会いツール”としての可能性について研究してみた。SNSに詳しいライターの田口こくまろ氏も「ナンパツールとしての側面は大いにあります」と語る。

⇒【グラフ】はコチラ nikkan-spa.jp/?attachment_id=920115

「そもそもインスタには、Facebookなど既存のSNSで行われていた仲間内での交流やステイタスの確認作業に“疲れてやってきた女性が多い”という背景があります。文字と違って、画像の捉え方は人それぞれなので、人間関係に配慮して言葉尻に気を使う必要もなく、ただ画像さえ美しければ『いいねー』を押してもらい、のびのびと自己承認欲求を満たすことができるからです」

◆競合が少ない今はブルーオーシャン状態

 ♯(ハッシュタグ)を多くつけて自分の画像を他者に検索してもらい注目を集める――確かにナンパ待ちをしている女子の心理に近いものがありそうだ。

 実際、インスタを利用する20~35歳女性200人を対象にした下記Q1のアンケートを見ても、程度に差こそあれ、7割以上の女性が「インスタで初対面の男性との出会いはアリ」と回答。潜在的な出会いの宝庫を予感させているわけだが、現状はどうなのか。LINEを中心にさまざまなアプリで女をハメまくるトニー杉山氏は「へっぽこナンパ師ばかりで見るに堪えません」と苦笑気味に話す。

「自分では2、3件しか投稿していないのに、女のコの自撮り写真に『カワイイですね』とか、アホかと。オシャレな世界観が何よりも優先されるインスタでは“オシャレな写真投稿をしている人以外は人でない”という大前提があります。自分が投稿した写真は見た目と同じ。オシャレピープルが集まる平日夜の美容師ナイトで、上下スウェットでナンパしても見向きもされないのと同じことです」

 インスタでモテるためには「この人、センスあるかも♪」と思わせる写真を投稿したうえで、アタックするのが重要なのだ。

 とはいえ、アラフォー世代にとって「センスが必要」とは敷居が高く感じてしまう。が、ネットナンパ師のsai氏は、「だからこそ競合が少なくてチャンスなんですよ」と背中を押す。

「僕の実感では、現役世代の男性のうち2割がインスタに参入していますが、実際に“価値のある投稿”を続けている人はそのうちの半数にも満たない。アカウントを作り込むまでは忍耐と工夫が必要ですが、それさえやり遂げれば、そこには、出会いのブルーオーシャンが広がっています」

Q1.インスタで初対面の男性との出会いはアリ?
※インスタを利用している20~35歳女性200人を対象(平均年齢24.7歳)

・すでに出会ったことがある…5%
・出会いの場として積極的に活用したい…23%
・相手によってはアリ…49%
・どちらかといえばNG…13%
・絶対にNG/男子禁制…10%

インスタで初対面の男性との出会いはアリ?【田口こくまろ氏】
ITライター。SNSの裏ワザ、活用術に一家言ありつつも、サブカル、エロにも精通。オナホのレビュー・分析にも定評あり

【トニー杉山氏】
出会いアプリの達人。出会いアプリに精通。LINEナンパに強みを持つ。「即ハメ専門LINEナンパ術」(http://line-pickup.com/lp2/

【sai氏】
ネットナンパ師。千人斬りの有名ナンパ師。ネットナンパ教室も主宰。「ナンパな一期一会ノススメ♪」(http://ichisusu.com

取材・文/インスタ特捜班 イラスト/サダ 図版/前之浜ゆうき アンケート協力/リサーチプラス

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中