女性にウザがられる「意識高い系オヤジ」。飲み会すらも自分をプロデュースする場所に

「意識高い系オヤジ」の飲み会「意識高い系」。もとは「自己研鑚に勤しむ人」を指すはずが、いつしか「大言壮語の割には実績が伴わない人」を揶揄するスラングとして定着してきたようだ。いい年した親父の中にも、この「意識高い系」は多い。

「おそらく私のことを不倫相手として狙っていると思いますが、もう会いたくありません」とそんな「意識高い系オヤジ」との遭遇を語ってくれたのは大谷利恵さん(仮名・32歳)。彼女が忌み嫌うのが、「朝活」や「アドラー心理学」、「アンガーマネジメント」などのセミナーに出まくっているという現在無職の妻帯者。どうやら、コンサル・著述業で一発狙うつもりらしい。

「怪しげな心理カウンセラーの資格を持っていて、ブログで女性を口説くテクニックを語っているのが気持ち悪い。私のほかにも、手を出している女性がいると思います。あと江戸しぐさ信者なのもキモい」

 また、上記のオヤジとは別の某一流大学OBのオヤジは「SNSでのセルフプロデュース」などを提唱し、飲み会すらも自分をプロデュースする場所にしている。利恵さんによる飲み会の流れは以下のとおり。

・飲み会開始~30分
 うざいくらいの謙虚と社交辞令でスタート

・30分~1時間
 不満・愚痴にシフト(「世界に比べて日本は~」などやたら規模がでかい)

・1時間~1時間半
 自分がいかに努力し、稼ぎに見合った仕事をしているかを自慢(「俺は嫌われてもいい」と前置きし、反感を買うのをわかっているけどあえて言う俺、というスタンス)

・1時間半~2時間
 部下や後輩を褒めたたえる(ただし、育てたのは俺というオチ)

・2時間~2時間半
「いろいろ大変ですがお互い頑張ってやっていきましょう!」と乾杯して解散

 オヤジからは「今度お茶でも」というメールがフェイスブック経由で来るが、無視しているという。

※7/28発売の週刊SPA!では「[意識高い系オヤジ]の言動は回りくどい性欲である」という特集を掲載中。
<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!8/4号(7/28発売)

表紙の人/進撃の巨人

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中