PS4『バットマン:アーカム・ナイト』開発者インタビュー。最新作は「バットモービル」にも乗れる!

ロック・ステディ・スタジオのガズ・ディーブス氏

ロック・ステディ・スタジオのガズ・ディーブス氏

 7月16日に発売されたPS4タイトル『バットマン:アーカム・ナイト』。シリーズとして出てきたおなじみのタイトルで、世界的に絶大な支持を得ており、売り上げも好調だそうだ。最新作は、シリーズ最終章。これまででもっともボリュームがあるという。開発を担当したロック・ステディ・スタジオのソーシャル・マーケティングマネージャーのガズ・ディーブス氏にインタビューを敢行した。

――2009年発売の『バットマン アーカム・アライサム』が「今まででもっとも高い評価を得たスーパーヒーローゲーム」としてギネス・ワールド・レコーズに登録され、2011年には『バットマン:アーカム・シティ』がmetacritic.comで最高評価をされるなど、世界最高のアクションゲームとして高い評価を受けてきましたね。改めて『バートマン:アーカム』シリーズの魅力について教えていただけますか?

ガズ氏:我々は8年『バットマン』シリーズを手掛けてきました。本作はシリーズの最新作ですが、最終作でもあります。しかもこれまでのシリーズを越えるクオリティになりました。まさに化け物のようなゲームです。かつてはスーパーヒーローが出てくるゲームは人気がでない言われてきましたが、このシリーズはそんな印象を変えることができました。本シリーズは、本当にバットマンになったかのような気分になれる。プレイヤーは、バットマンというヒーローにより近くなれるんです。

――本作の最大のポイントを教えてください。

ガズ氏:映画『バットマン』でもおなじみの「バットモービル」に乗れるようになったことです。本作向けに完全オリジナルのデザインが施されていて、高速移動、変形して戦車形態にもなります。ジェームス・ボンドが乗っていた車よりずっといいんじゃないかな(笑)。ゴッサム・シティを探検します。時には車から降りて、歩いたり飛んだり。「バットシグナル」を探して、どんどんストーリーを進めていきます。次の目的への道が開けたら、ボタンひとつでバットモービルを呼び出すことができます。

⇒【画像】はコチラ nikkan-spa.jp/?attachment_id=903396

『バットマン:アーカム・ナイト』

憧れのバットモービル。ゴッサムシティのドライビングはとてつもなく気持ちがいい

――街の中もかなり細やかですね。苦労されましたか?

ガズ氏:前作の『バットマン:アーカム・シティ』の5倍くらい大きくなっています。もちろん、大きな場所を作ることは簡単ですが、詳細なアイテムなど、どこの場所にもディテールをしっかりしています。

『バットマン:アーカム・ナイト』

物語は『バットマン:アーカム・シティ』の続きから始まる。ジョーカーの死後、宿敵スケアクロウの元に多数のスーパーヴィラン(悪者)がやってくる

――バトルも評価が高いですね。非常に爽快な戦いができます!

ガズ氏:「フリーフローコンバット」と呼ばれる戦闘システムで、簡単なボタン操作で、バットマンの華麗なアクションバトルが実現できます。やればやるほどどんどんプレイヤーの腕も向上していくのも楽しい点だと思います。

――最後に、ガズさんは、ご自身でこのゲームをプレイしてみて、バットマンになれましたか?

ガズ氏:子供の頃からバットマンに憧れてきた私ですが、実際にプレイしてみて、最大限にバットマンになりきれましたね! プレイヤーがコントローラーを手にして、その瞬間、世界最大の探偵・バットマンになれるはずです!

リアルタイムで動くため、ムービーとプレイもシームレス。アクションとストーリーは継ぎ目なくなめらかに流れる

『バットマン:アーカム・ナイト』
対応機種・PlayStation 4
価格 通常版7600円(+税)、DL盤7100円(+税)
TM & (C) WBEI. TM & (C) DC COMICS. (s15)
ワーナーブラザース ホームエンターテイメント

取材・文/日刊SPA!編集部

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中