Negiccoが明かす「アイドルをやめようと思った瞬間」

Negicco「こんにちネギネギ~!」。そんなフレーズでお馴染みなのが、’03年から新潟のローカルアイドルとして活動するNegiccoだ。全国でご当地アイドルが乱立し、競争が熾烈化するなか、昨年末に発売したシングル「光のシュプール」がオリコン初登場5位を獲得するなど、その人気は新潟から全国区へ広がりつつある。そんな彼女たちに、これまでの12年の軌跡を振り返ってもらった。

――今年の7月20日で結成12周年を迎えたわけですが、最初は1か月間限定のアイドルユニットとしてスタートしたんですよね。

Megu(以下、M):最初は新潟の名産「やわ肌ねぎ」のPRのためにつくられたユニットだったんです。当時は、こんなに長くやることになるとは思ってもみませんでした。

――最初は「ネギ」という言葉に対する抵抗感もあったとか。

Nao☆(以下、N):そうですね。メディアで取り上げられても、だいたいネギ絡みの話ばかりで。しかも、ネギのPRをしなきゃならないのに、私とMeguはネギが嫌いだったんです。生放送でネギを食べる場面があったのに、口に入れたネギを吐き出しちゃったこともありました。

Kaede(以下、K):今は全員ネギが食べられますけどね。でも、やっぱり名前が「ネギ」じゃないですか。最初は、こちらが名乗っても「なに、ネギッコって(笑)」と冷たい反応の人が多かったんです。新潟の人に「お前たちは新潟の恥だ!」って言われたこともあったし。

M:一度、「名前を変えようか」という話も出たんです。でも、やっぱり記憶に残る名前だし、愛着もあったので、結局このままにしたんです。

◆所属スクール倒産、仲間の脱退でも辞めない理由

――所属していた芸能スクールが倒産する事件もあったそうですね。

N:あのときはさすがに解散かなと思いました。でも、今のマネジャーの熊倉さんが、自らマネジャー役を買って出てくれて。

M:あと、事務所がなくて歌う曲がないのなら、と地元で音楽を作っていたconnieさんという方が、無償で楽曲を提供してくださったり。本当に人に恵まれているんです。

――ダンスや衣装、販売用CDも自分たちで準備していたそうですね。

K:ダンスは自分たちで振り付けを考えて、CD -Rに曲を入れて手売りしてました。衣装も、5000円を持ってイオンに買いに行ったりしていましたね。ヘアメイクも当時から全部自前だったので、いまだに基本的には自分たちでやっています。

N:事務所に所属しても移籍になったり、所属していない時期も長かったので、誰かの指示を待つより「自分たちでつくっていかなくちゃ」という気持ちが強かったんです。

 この後インタビューは、「一番の転機」や「新潟から東京まで車移動中にしていること」、そして「10月に発足するNGT48」についても言及。この続きは8/4発売の週刊SPA!のインタビュー連載「エッジな人々」にて!

取材・文/藤村はるな 横山 薫(本誌) 撮影/増田岳二

週刊SPA!8/11・18合併号(8/4発売)

表紙の人/ 山地まり

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
光のシュプール

[CD+DVD](初回限定盤A)

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中