SNSに妙な長文をアップする「意識高い系オヤジ」がウザい

「意識高い系」。もとは「自己研鑚に勤しむ人」を指すはずが、いつしか「大言壮語の割には実績が伴わない人」を揶揄するスラングとして定着した昨今、いい年したオヤジの中にも、この「意識高い系」は多い。すべてはモテたいがため!? 女性には「下心ミエミエ」の竜頭蛇尾なオヤジたちの目撃証言を集めた!

◆SNSに妙な長文をアップして悦に入る

【証言者/望月明美さん(仮名・28歳)】
エステティシャン。職業柄、「俺も施術してよ。プライベートで」などのセクハラを受けること多数

●リクルート系営業職(40歳)…「仲間に感謝」「セグメント」「ビジョン」などの言葉を多用

「知り合いの慶應OBオヤジは、会話の半分は友達と自分の経歴自慢」と話す明美さん。立ち食い焼き肉に誘われて行くと「“トレードオフマネジメントも最近ダメになってきた”から入り、ビールの市場でなぜキリンが勝ったかなどという話を連発」。しまいには「“セブン-イレブンの社長のすごさ”、“ネット広告のスピード”などの話が飛び出しては立ち消えていく。ていうかそれ全部、『週刊ダイヤモンド』の見出しだし……本気で一瞬、立ち寝しました」と呆れはてる。

SNSに妙な長文をアップして悦に入るオヤジ そうした話を、コンサル気取りでSNS上で批評しだすのも彼らの特徴で、「仲間に感謝」「日本の未来は俺たちの掌にある」といった暑苦しいメッセージとともに恥ずかしげもなくアップ。

「適当な『誕生日おめでとう』コメントに異常に喜んで、『いいね!』やコメントをくれた人をいちいち数え、『◯◯◯人の方々からお祝いのメッセージをいただいております!』と人気者ぶりをアピール。さらにムダな改行が多く、しばしば長文()を投稿するのですが、何度読んでも意味がわからない」

※この手のオヤジが投稿しがちな文例⇒「朝のまぶしさ高らかに、時代を担う本人として熱き光を滾らせ、基盤を受け止め、繰り返し、繰り返し、己を今の時代に示し、この世を支える礎となる」

 また真偽を確かめずにネットの「ちょっといい話」系に感動してすぐにシェア。しかしそれさえも、「いい人アピールしてモテに繋げようとしてるのがミエミエ」と女子にはバレているようだ。

― [意識高い系オヤジ]の言動は回りくどい性欲である ―

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中