「意識高い系オヤジ」を3つのカーストに分けてみた。モテるのは伊勢谷友介タイプの『実績派』

「意識高い系」。もとは「自己研鑚に勤しむ人」を指すはずが、いつしか「大言壮語の割には実績が伴わない人」を揶揄するスラングとして定着した昨今、いい年したオヤジの中にも、この「意識高い系」は多い。すべてはモテたいがため!? 女性には「下心ミエミエ」の竜頭蛇尾なオヤジたち――

◆男が見た「意識高い男カースト」

 業務上、各界の「意識が高い」男を多く目撃してきたという某裏モノ系雑誌編集長S氏は、こう語る。

「僕はいわゆる『意識高い系』を3つのカーストに分けて呼んでるんです。一つは意識の高さに行動力が備わった『実績派』。それでいうと、僕が本物だと思ったのは俳優の伊勢谷友介さんですね。例えば彼は、『理想を諦めて生きる命より、未来のために理想を生きる命の覚悟は尊い』といった意識レベルMAXの発言を繰り返しつつも、実際にエコとアートを融合した会社を起業しており、実績のない一般人の批判を寄せつけない。彼は現場でも男女分け隔てなく気さくだから、本当の意味でモテる」

「意識高い系オヤジ」に見られる3つのカーストとは? 次にS氏が挙げるのが、成果が伴わない「虚業派」。

「コンサルティングやセミナーの開催、『本を年間300冊読んだ』程度の実績を誇示。『ライフハック』『ローンチ』といった横文字を連発しますが、実際は海外のビジネス書の引き写しが大半。他人のコンプレックスをかき立てる能力が非常に高く、『好きなことで食っていこう!』を合言葉に一定のファンを集めることもしばしば。単著の出版にこぎ着けるケースも多く、油断がなりません」

 また、妻帯者であることを隠すケースも多く、「やはりモテたいんでしょうね」とのこと。こうした虚業派に搾取されるファンが3つ目のカースト「底辺派」である。

「とにかくセミナーが大好きで、『初参加のセミナーで目立つ名刺の作り方』といったブログ記事の更新に余念がない。セルフブランディングにも熱心で、『1級ライフエンジニア』のような謎の肩書を作ったり、『栃木のスティーブ・ジョブズ』と自称してみたり」

 そして、カーストによってモテ具合も変わってくるらしい。

「『実績派』はさておき、『虚業派』はそこそこ打率がよく、かわいいコと妙に密着した写真をSNSにアップしたりする。そのおこぼれをもらえたり、もらえなかったりが『底辺派』。僕が見る限りですけど」

 こんなところでも格差が出るとは……。

― [意識高い系オヤジ]の言動は回りくどい性欲である ―

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中