やってはいけないダイエット「ワースト3」。リバウンドや健康被害も…

巷に氾濫するダイエットのなかには効果が期待できないものも……。専門家がおすすめしないダイエットを一刀両断!

◆過度な断食はリバウンドの原因。健康被害の引き金に「断食系ダイエット」

断食系は「やってはいけない」ダイエット第1位 ダイエットに挑戦したことがある都市部(首都圏、愛知県、大阪府)在住の35~45歳男性サラリーマン300人にアンケート調査を実施。ダイエットの成果を集計した結果、ワースト1位にランクインしたのが、昔から定番の一つに数えられている断食系ダイエットである。

「ただひたすら我慢が必要なので、ストレスが溜まり半月あまりで挫折。むしろ、ストレスでいつも以上に食べてしまいました」(35歳・流通)

「体重は減ったのですが、痩せたというより“やつれた”感じになってしまいました。同僚からは、体調の心配ばかりされています」(32歳・通信)

 断食ダイエットとは、エネルギーの燃焼は体脂肪以外の肝臓や筋肉に蓄積されたエネルギーから始まるという考えのもと、体脂肪を燃焼させるためにエネルギーを使い切る目的で断食(絶食)を行うメソッドだ。

 2~3日で行うプチ断食から、一日1食ダイエット、朝食抜きダイエットなど方法はさまざま。しかし、これらの方法では一時的なダイエット効果は期待できるが、リバウンドのリスクも大きい。さらにこれらは、健康を害する危険もあるのだという。ダイエットエキスパートの和田清香氏も警鐘を鳴らす。

「これらのダイエット法は、目に見えるカタチで、それも短期間にみるみる効果が表れます。しかし、言ってみれば食べ順ダイエットとは真逆。断食をずっと続けられればいいですが、いつもの食生活に戻した途端に一気に吸収してしまい、大きくリバウンドなんてことになりかねません。また、イライラしたり頭がボーッとするなどの症状が出る人もいます。過度な断食は、健康面でも危険といわざるをえません」

 完全に抜くのではなく、例えば朝食抜きをするなら、何も食べないのではなく野菜ジュースやヨーグルトなどを胃に入れるだけでも全然違うとのこと。

 いくら痩せても、体調を崩してしまっては元も子もない……。

<やってはいけないダイエット・アンケート結果>
1位……断食系ダイエット
2位……酵素系ダイエット
3位……バナナ(単品)ダイエット

【和田清香氏】
ダイエットエキスパート。自らも大幅なダイエットに成功した経験をもとに、健康的に痩せるメソッドを提案する。過去に経験したダイエットは、300種類以上にのぼるプロ中のプロ

― 本当に痩せたダイエット ―

イェーイ!スマホで楽しむ360度動画の驚異の世界。わっかるかな~、わっかんねえだろうなあ~【PR】

【360BAYSTARS】 5 dianaのハッピースターダンスを体感!   YouTube
 1968年に、アメリカのユタ大学の学者アイバン・サザランドによって提案されたヘッドマウント型が最初とされるVR(仮想現実)の世界。この初めてのVR登…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中