ももクロZ「サラリーマンのこんなしぐさに萌えます」 新曲『労働賛歌』工場ライブレポート

ももいろクローバーZ,労働賛歌,有安杏果,佐々木彩夏,百田夏菜子,玉井詩織,高城れに

(左から)有安杏果、佐々木彩夏、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに

「いま、会えるアイドル」として活躍中のアイドルユニット「ももいろクローバーZ(以後、ももクロ)」が11月14日(月)、同月23日発売予定の新曲『労働讃歌』の発売記念イベントを行った。今回の新曲はタイトルどおり、「救え週末! 守れ笑顔!! 超えろ、試練!!!」と謳い、働く人びとを応援する曲となっている。そんなテーマにちなんでイベントは、東京都大田区の工場で従業員の方々の前で行われた。

⇒ 【画像】メンバー個別写真、ライブフォトレポート
http://nikkan-spa.jp/91112/mmcl1115_11

今回の衣裳は、半袖半ズボンの省エネスーツと頭にネクタイという、アイドルの衣裳としてはかなりの変化球。『バトルアンドロマンス』以降さらに強くなったプロレス色が極まってきている。厳しい寒さのなか、全国5都市で新曲のプロモーションとして早朝ティッシュ配りをしてきたという。札幌は玉井、東京・新橋は百田、名古屋は高城、大阪は佐々木、福岡は有安がそれぞれ担当。通勤中のサラリーマンひとりひとりに声をかけティッシを手渡した。

ももクロは3年前、代々木公園で路上ライブやビラ配りをしていた。今回のティッシュ配りは久しぶりの路上活動となり、そこで得られたことも多かったようだ。

リーダーの百田は「私たちのことを知らない方が多かったので、まだまだだと感じました。目の前にあるさいたまスーパーアリーナでのライブを大成功できるよう頑張ります」とコメント。

路上時代のビラ配りを経験したことがなかった有安は「自分の手でひとりひとりに渡すということが初めてだったので、いい経験になりました」と、路上での手応えを感じていた。

ももいろクローバーZ,労働賛歌,ティッシュ

配布された『労働賛歌』特製ティッシュ

ライブでは、頭に巻いたネクタイを振り回しながら、朝の疲れを感じさせない、いつもどおりの激しいダンスと歌を披露。工場の従業員の方々、報道陣、近隣住民が見守るなか、ライブを終えた。ライブ後は、報道陣からの質問タイム。SPA!取材班も「スーツ姿の男性の素敵だなと思うしぐさを教えてください」と質問すると、ももクロの5人は父親の姿や妄想をまじえながら、それぞれの理想を答えてくれた。

ももいろクローバーZ,百田夏菜子

ベルトをグイッと上げる姿に萌えるという百田夏菜子

スーツフェチだとメンバーに暴露された高城は「襟元をグイッと上げる姿が好き」と実演をまじえて説明。玉井は「ネクタイを締めるのと緩める姿が好き」とコメント。

百田は「ベルトを上げるのは何の意味があるんですかね?」と逆質問し、「気合い入れなんじゃないですかね」と教わると、「ライブ前にこれ使います」と気に入った様子。ライブDVDのステージ裏映像でベルトを上げる5人の姿が見られる日も近い?

佐々木は「スーツの人、パパしか思いつかない」と戸惑いつつも、「時計を見る時に手を一回上げるのが好きです」とコメント。

有安は「腕まくりするしぐさが好きです」とコメント。定番ではあるが、ももクロちゃんに言われたら意識してしまいそうである。

取材・文・撮影/林健太

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中