やっぱり、冷え性の女子は「ヤリマン」だった!?

ベテランライターが原点回帰のドサまわり。独断と偏見で選んだ、巷をにぎわすニュースを猛追跡!

【記者・ゴメスが追う 第3回】

今から20年近く前のこと。今はなき若年男性向け総合マニュアル雑誌・HDP(ホットドッグプレス)で僕が執筆をしていたころ、アツく主張しまくってきた理論がある。

「冷え性の女はサセ子ちゃん!」

ということだ。

当時はまだ、「ヤリマン」という言葉が浸透していなかったので、「サセ子ちゃん」だった。相変わらず勢いだけにまかせた暴言、いや名言(迷言?)ですな、とは薄々感づいてはいたけれど、まったくもって根拠がなかったわけでもないである。

「冷え性の女は本能的に他人の体温を欲するもの→その女がノンケである以上、その他人とは女より男がいいに決まっている→冷え性の女はすぐ男と寝る」

といった、HDPなりの立派な三段論法に基づいた立派な方程式であり、僕なんかは冬に、もこもこしたファーの付いたロングブーツをはいている女子と食事すれば、「キミ、冷え性でしょ?」と、さり気なく訊ねてその回答に一喜一憂したものだ。

残念ながら、“冷え性=ヤリマン説”は、その強引な論旨の持っていき方と、論旨を裏付けるリサーチ活動の粗さ、あと総合マニュアル雑誌の衰退とともに風化してしまった。

……ようにみえたが、先日あるアンケート結果を見て驚愕した。

それは美容、ライフスタイル情報を提供するアラフォー女性向けポータルサイト『Kirei Style(キレイスタイル)』が発表した、「アンケートにみるアラフォー世代の“恋愛・温活”事情」の結果である。

そこではなんと、「温活に熱心な女性は、草食系男子・年下もOKな好奇心の旺盛さをもつ」という姿が浮き彫りになったという。

「温活」とは、「血のめぐりを良くして、女性の持つ冷え性対策など、特有の症状を改善していくための活動」であるらしい。そして、そんな温活に励むアラフォー女子は、恋に男に俄然積極的であるそうだ。(グラフ1:http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=93080

あなたはどんなタイプ?

温活女子は「外向的で好奇心旺盛」「恋人なら年下クンや草食系男子もあり」の割合が一般女子と比べて約2倍に

なんて的を射た素晴らしい正論を吐いてくれるんだ、と感動した。

多少強引かもしれないが、「冷え性女子≒(ニアリーイコール)温活女子」とすれば、 僕の持論が正しかったことが証明される。

◆「デートで女子から手をつないだらお泊りOK」理論も証明された!?

下の調査結果からわかるように、当時の僕らの持論を裏付ける結果はほかにも出ている。

たとえば「デートで寒いとかんじたとき」、一般女子と比べて18%も多くの温活女子が「カレと手をつなぐ」のだという。(グラフ2:http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=93083)

デートで寒いと感じたろきどうする?

ほかにも、「カレに『寒い~』と甘える」「カレに『寒いね』と寄り添う」という温活女子の回答が一般女子を上回った

「デートで女から手をつないできたら90%以上お泊まりOKのサイン」

というのもHDP名言集のひとつだったと思うが(ちなみに“90%”はリサーチの結果ではなく、あくまで気合いを促す慣用句的役割を果たしているにすぎない)、いずれにせよ、肉体が寒い女子は、男の体温を敏感にサーチし、そこに暖を求めるのだ。

やはり、僕たちの妄想、いやロジックは間違っていなかった!

あなたは冷え性だと感じたことがある?ただここで問題がひとつ。

実際に”私は冷え性だ”と感じている女性の割合だが、それがなんと約9割も該当するらしい。(グラフ3:http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=93086)

単純計算で、10人の女子とデートすれば、理屈上、なんと9人近くの女子が“ヤリマン”ってことになってしまう。

そんなことは僕の約40年にわたる思春期の経験上、絶対にありえない。さらなる真相究明に、今度は僕自身が努めたい。

【山田ゴメス】
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。日刊SPA!ではブログ「50にして未だ不惑に到らず!」(http://nikkan-spa.jp/gomesu)も配信中。現在「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系列)(http://www.ntv.co.jp/99answer/)に“クセ者相談員”として出演。『クレヨンしんちゃん たのしいお仕事図鑑』(双葉社)も好評発売中!

取材・文・撮影/山田ゴメス

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中