「ただし、イケメンに限る」は嘘、と書いた文章がネットで燃えた理由【鴻上尚史】

週刊SPA!連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―

◆「ただし、イケメンに限る」は嘘、と書いた文章がネットで大層、燃えた理由

「ただし、イケメンに限る」は嘘、と書いた文章がネットで燃えた理由 もちろん、美男美女は、それだけで商品価値があります。まったく演技力がないのに、ただ「美しい」というだけで、長い間、俳優を続けている人は実際にいます。びっくりするほど大根なのに、(男女問わず)その美しさゆえに、けっこう人気があったりします。ファンになったり、愛でたりするには、「美しさ」が重要な条件です。

 ただし、一人の人間として、好きになったり、交際を考えたりした時は、「ただしイケメンに限る」は、嘘なんじゃないかと僕は思っています。という昔書いた文章を、この連載の新刊の宣伝を兼ねて、ネットに公開しました。

 予想通りというか、ものすごい反発が、一部、男達から返ってきました。女性達は、「完全に同意します」とか「男の人が言ってくれて嬉しい」とか「共感します」と返ってきました。

 一部の男達は、「嘘つくな!」「お前だけだ!」「ブサメンでモテると言うのか!」と、強烈に反発しました。

 もともと僕が、このことを考えるようになったのは、テレビのシナリオを書くために、いろんな子供達に「好みのタイプ」を聞いたことが始まりでした。女の子は、幼稚園、小学校、中学校、高校と成長するにしたがって、「かっこいい人」「面白い人」「頼りがいのある人」「楽しい人」とさまざまに変わっていくのに、男の子は、見事に、小さい時から高校生まで、ずっと「かわいい子」だけでした。どんなに成長しようが、とにかく好みの相手は「かわいい子」だったのです。

 つまりは、外見に強烈にとらわれているのは男であって、男は、自分達がそうだから女もそうだろうと決めつけて、「ただし、イケメンに限る」と自虐的に言っている、と思ったのです。

「『ただし、イケメンに限る』ということが嘘だということは、可能性があるというか希望なんです。だって、外見は変えられませんが、内面は変えられるのですから」と、あんまり反発が強かったので書いたら、「外見は整形手術で簡単に変えられる。だが、内面の深い部分は絶対に変えられない」という、よく分からない激しい反発がたくさんきました。

◆「モテないのは外見のせい!」と信じたい男達

 なんだか、信者の信仰を砕いた異教徒に対する憎しみと混乱のようだと、感じました。

「今まで自分がモテなかったのは、外見のためなんだ。だから、自分はどんなに努力しても意味はないんだ」と納得していたのに、突然「外見は関係ないんです」と言い出した異教徒がいて「じゃあなにか、俺がモテないのは、外見じゃなくて、内面がダメだからか。性格とか経済力とか能力とかがダメなのか。そんなバカな。俺がモテないのは、ただただ、外見が悪いからなんだ!」と、強硬に信仰を守ろうとする人々がいる、という構図です。

 もちろん、少数の女性に、「基本的にイケメンに限る。その中から、好みの男を選ぶ」という勝ち組の人達がいるのは事実です。

 僕が、昔、好きになった女性は「自分がじつは美人だって気づいたの。そしたら、こんなイケメンが、私のことを好きになってくれるって分かったの」と、片思いしている僕の前でいけしゃあしゃあと語りました。それでも、殺意でなく切ない愛情が溢れるのが、惚れてる弱みですが、ほとんどの女性は、惚れた相手が自分にとってのイケメンになると断言します。

「ただしイケメンに限る」と本気で思っているのは、じつはとても愚かな女です。その愚かさは、外見だけにこだわって、内面を見ない男の愚かさと対応します。

 僕が書いた文章の本当の恐ろしさは、「じゃあ、ずっと『かわいい子』としか言わない男を好きになる女はどうなるのよ」なのです。その厳しさに比べたら、「モテないのは外見のせいなんだ!」と騒いでいる男達はじつに平和です。で、女性には、「大丈夫。雰囲気美人になればいいのです」と答えます。これは慰めではありません。詳しい話は、また、別の時に。

※「ドン・キホーテのピアス」は週刊SPA!にて好評連載中

この世界はあなたが思うよりはるかに広い

炎上したコラム『「ただしイケメンに限る」という嘘』は、本書48頁に収録。ほか、「枕営業と色っぽさ」など、世相や文化だけでなく、恋愛話も充実の一冊!

不安を楽しめ!

3.11以降の世界で不安を抱えながらも、それでも楽しく生きる術を鴻上尚史が提言する

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中