なぜ日本の男はダサいのか? メンズファッションのバイヤーが分析

 メンズファッションのバイヤーとして活動する傍ら、ウェブサイト『現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法 KnowerMag』や、メルマガ『最も早くオシャレになる方法』を執筆、その理論のわかりやすさから瞬く間に大人気となり、多くの執筆媒体を抱えるMB氏。アパレル業界を知り尽くした男は「日本人男性のファッション偏差値を底上げしたい」と語る。新刊『最速でおしゃれに見せる方法』の発売を控えたMB氏に、ファッション偏差値45の記者が聞いた。

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論

――日本人の男性をダサくしている原因とは、ズバリなんでしょうか?

MB:まず、自分の手持ちの服を確認してほしいのですが、パーカーにTシャツ、ジーンズにスニーカーといったように、カジュアルウェアが大半ではないでしょうか? 日本のアパレル市場は、アメカジに強く影響を受けていて、商品の大半がアメカジです。しかし、「カジュアル」な服というのは、よくいえばリラックスウェア、ともすればだらしなくなります。一方、スーツをイメージしてもらえばわかるとおり、「ドレス」ウェアはカッチリと大人っぽいものになります。「街着」としての服をおしゃれにみせるためには、この「カジュアル」と「ドレス」をミックスする必要があるんです。

――Tシャツにジーパン、スニーカーではおしゃれに見えない?

MB:全身アメカジを否定しているわけではなく、おしゃれに見せることもできますが、ハードルは高いと思ってください。スーツはよほど型遅れのものでなければ、誰が着てもサマになりますが、全身アメカジは着こなし方を熟知していないと、「コンビニに行くお兄ちゃん」になりがちです。繰り返しになりますが、礼装や正装といった「ドレス」と、リラックスウェアである「カジュアル」をミックスして、バランスをとることが「街着」をおしゃれに見せる最大の秘訣なんです。

――確かに、プライベートで着る「街着」となると、途端にアメカジに偏ります。手持ちの服に「ドレス」の要素を足せばいいのでしょうか?

MB:基本的にはそういう考え方でOKです。しかし、順番があって、まず考えるべきは「ボトムス」からです。下半身が整っていないと、トップスに何を合わせてもサマになりません。私はこれを「印象を変えるのはトップス、印象を整えるのはボトムス」と言っているのですが、多くの人は「さあ服を買おう!」となったときに、トップスから買います。トップスは「印象を変える」アイテムなので、つい手にとってしまいますが、「印象を整える」ボトムスが決まっていないと、何を着てもサマになりません。例えば、いくらシルエットのキレイなテーラードジャケットとシャツを着ていても、パンツがダルダルのチノパンにスニーカーでは、おしゃれに見せることは難しい。一方、ボトムスが黒のスキニーパンツに黒のシンプルなレザーシューズであれば、トップスはなんであっても大抵サマになります。

――そういった「おしゃれな服」は高価なものが多いのでは?

メンズファッションバイヤーのMB氏01

「無印良品とユニクロだけでもおしゃれに見せることはできます」

MB:いえいえ、ユニクロや無印良品で十分です。この写真(※)もニットとボーダーカットソーは無印で、パンツはユニクロですから。ちなみに靴は履かなくなった革靴をペンキで塗り潰したものです(笑)。着こなしはセンスではなくてロジックなんです。お金もたいしてかかりません。法則さえ知ってしまえば、「おしゃれってこんなに簡単だったんだ!」とわかります。メルマガやブログの読者からよく感想をいただくのですが、私が提唱している原則とルールを知ると、みなさん一様に「こんなに簡単なの!」と驚かれます。アパレルは結局のところビジネスなので、学問と違って、「おしゃれの先生」や「おしゃれの教科書」がなかったんです。先生であるべきの、ショップの販売員は「売る」ことが使命ですから、客が本当に必要としているものなんかどうでもよくて、それよりも一日の売上のほうが大事です。教科書たるべきファッション誌も広告が主な収入源ですからクライアントの商品がダメだとは言えない。また、「おしゃれにはセンスが必要」というブラックボックスに入れておけば、消費者も黙って従うしかありません。でも、実際にはロジックがあります。「おしゃれに見せる」方法があります。ユニクロでも十分におしゃれに見せることはできるんです。

⇒【写真】はコチラ nikkan-spa.jp/?attachment_id=919055

 確かに、これまで漠然と「おしゃれにはセンスが必要」だと思い込んでいた。しかし、MB氏は「ロジックさえ知れば誰でもおしゃれになれます」と断言する。日本人の男性がいまいち垢抜けない、ダサいのは、こういった思い込みと過剰なまでのアメカジ信仰のせいなのかもしれない。MB氏の新刊『最速でおしゃれに見せる方法』はまさに、「最速でおしゃれに見せる方法」を解説している。興味ある方はぜひご一読を。 〈取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/難波雄史〉

※『最速でおしゃれに見せる方法』購入者にMBさんのオリジナル[限定ブレスレット]を抽選でプレゼント http://nikkan-spa.jp/913465

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー(@MBKnowerMag)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(www.neqwsnet-japan.info)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。女子SPA!でも「レディースファッション」に関するコラムを連載開始。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。自身のブランド「MB」にてスキニーパンツを発売したところ、5分で完売! 9月17日に初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』を扶桑社より発売

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中