元ブラジリアンワックス女性店員が遭遇したアブナイ男性客「網タイツの常連、施術中に自慰行為も…」

 女性のデリケートゾーンの毛をワックスで処理する「ブラジリアンワックス脱毛」。近年では美容に気を使う男性の増加に伴い、男性専用で行う店も増えている。

ブラジリアンワックスの元女性店員 その施術方法なのだが、デリケートゾーンというだけあり、下半身は裸でスタンバイ。そしていざ始まると、何度も男性器に触れて施術を行っていくため、美容のためではない目的で来る男性がいてもおかしくない。

 1年半の間、男性を相手に「ほぼ毎日施術していた」と言うブラジリアンワックスの元女性店員に強烈な印象だった男性客の話を聞かせてもらった。

●1人目:網タイツを履いた常連

「毎月来ていた中年のサラリーマンの常連さんで、上はパーカー、下はタイトスカートに黒の網タイツ、靴はパンプスという変わった格好で来る人がいました。その人は施術中は『イタ~イ』『やだ~!』と“オネエ口調”になっているのに、会社からの電話に出た時は『おう、おう』『それ○○日までにもらっといて』と急に“男性”になっていました(笑)」

●2人目:体が冷たいおじいちゃん

「この人も2か月に1回は来ていた常連さんなのですが、見た目は70代でヨボヨボのおじいちゃん。体もかなり細く、触ると冷たいので、施術中寝ていても『死んでいるんじゃないか』と心配になったことがあります。でもワックスを塗って剥がす時にピクッと体が反応するので、その都度『ほっ』と安堵していましたね」

●3人目:必ず尻を叩かせる男

「お尻の穴の周りを処理する時は、両尻をバッと広げて行うのですが、どうしてもお尻に力が入ってしまってうまく施術できない人がいたんです。どうしようと思っていたら、その人が『尻を強く叩いてください!そうすれば出来ると思うんで』と言ってきたんです。それでバン!と強く叩くと『ハァ~』という何かよくわからない声を出すと同時に本当にお尻が脱力したので、その隙にやっていましたね。その後もその人が来た時には毎回同じことをしていたので、顧客リストのところに“お尻を施術する時は強めに叩け”というメモを残していました(笑)」

●4人目:即出禁になった男

「施術前にはカウンセリングがあって、その時に“ヤバい客”というのはすぐ分かるんですが、この人は一目で分かりました。実際、施術の準備をしていたら急に『ウィーン』という音がその人からして『何だろう?』と思って見たら、お尻の穴にバイブを入れていて…。トイレに行っていた時に入れたみたいです。それでも取ってもらって、いざ始めるたんですが途中で『ハァ、ハァ』という荒い息遣いをしてきて…本当に気持ち悪かったです。施術を中断してオーナーに報告しに行ったんですが、なんと、その部屋にいない間に自慰行為をしていたようで、戻ったら“賢者タイム”に入ってたんです。結局、まだ施術途中だったんですが帰ってもらって“出禁”にしました」

 その後も出禁になった客からは頻繁に店に電話が来たという。

「知っているのに『Oラインって何ですか?』とわざと聞いてきたり、初めてを装って『今電話に出てるあなたが施術してくれるんですか?』とか言ってきて…結局着信拒否にしました」

 こうした強烈な印象を残す客がいるのも事実だが、これはあくまでもほんの一部。普段はサラリーマンからファッション業界に身を置く男性まで、幅広い年齢層がブラジリアンワックスに足を運んでいるようなので、興味を持った読者は試しに行ってみてはいかがだろうか。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中