人魚と半魚人、付き合うならどっち? から分かる男の行動心理【コラムニスト・木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その84 ―


 せんだって、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」を見て、人魚は下半身が魚でも可愛いなと、つくづく思いました。そこで毎度ばかばかしいお話をひとつ。 体半分が魚の生き物に「人魚」と「半魚人」がおります。人魚は上半身が人間、たいがい若くて可愛い女性と相場が決まっており、マーメイドなんていわれて、世界的に愛されている。一方半魚人も半分人間だけど、残念ながら上半身が魚と来たもんだ。扱いは「保険見直し本舗」のCMで、でかい半魚人が登場し、ボートに乗ってる北斗晶にどやされるという、情けない役です。かたやリトルマーメイド、かたやバケモノだから、この落差はでかいですよ。

人魚 もし付き合うならどっちって、答えは明らかに人魚でしょう。でも冷静に考えると、半魚人の下半身は裸ですよ。しかも設定は人魚と対抗せざるおえないから、20代前半のスタイル抜群の女性にしておく。もちろん、自由にしていい。じっくり鑑賞してもいいし、後ろから攻めてもいい。多分、半魚人と本番をしたら、さかなクンの声で、「ギョギョギョエ~」と、絶叫されるんじゃないか。それがいい方はどうぞ。多分「天河」で事を致した方がはるかに気持ちいいと思いますがね。

 こんなアホな比較話でも、何かしら得る部分はあります。人間の特に男性の求愛する認知ポイントは、女性の顔ってはっきり分かります。それからしぐさや、性格、スタイル、セクシーさなどを吟味する、つまり女性の上半身さえあれば、全部認知可能です。案外男の頭の中は、ロマンチストに出来ているもんです。だからキャバクラで喋るだけで何万円も払うし、多少エロいことができるセクシーキャバクラも上半身のみの勝負で、充分満足するのです。

 要するに、マルクスが唱えたかは知らないが、「上半身は下半身を規定する」というひとつのテーゼが導き出されます。どういうことかというと、もし仮に絶世の美女がここにいるとします。全ては顔のある上半身が規定し支配する。もし仮に、絶世の美女と事を致すことになったとしよう。ところが事もあろうことに、下半身部門が大変だった。俗にいう、まんしゅうきつこ状態だった。こりゃあかんと思うであろう。ところが実際は、男は興奮するのである。

 あんな美人がこんなに大変な匂いだったとは。会話としてはこうです。「だから、私こういうの苦手なんです~」「へえ~こんな綺麗な顔してね、天は二物を与えぬとはよく言ったもんだ」「嫌いになった?」「全然、こんな秘密を知ってる人って少ないでしょ」「もう苦手だから、エッチの回数も少ないし」「じゃ、まだ未開発ってことだな、これは教育しがいがあるな」てことで、男はますます燃えるのでありました。

 どうです、上半身が見事下半身を支配してるでしょう。もし仮に美人で、下半身部分が凄くエッチだったら。これは凄い掘り出し物を見つけたなと、また大喜び。だから美人は、淫乱でもソマンでもオールマイティにハッピーなのです。

木村和久

木村和久

 逆に言えば、顔がブサイクな女性が、下半身がなんぼエロくても、「ブサイクなんやから、これぐらい頑張ってもらわんと」ぐらいで終わりですやん。だから半魚人がなんぼ名器でも、世間では受け入れられないんです。というわけで、マーメイドセクシーキャバクラなんかあったら、凄い楽しいなあと、妄想は尽きませぬ。指名してダッコするときは、ホテルハトヤの大漁抱きかかえ抱きで決まりですかね。

■木村和久(きむらかずひさ)■
トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中