ボレ女が浴衣でナイターレース!――こちらSPA!ボートレース女子部 vol.3

― こちらSPA!ボートレース女子部 vol.3 ―
全国から集まったボレ女たちが女子力を武器にボートレースを盛り上げちゃう!

ボレ女が浴衣でナイターレース!◆涼を求めてナイターレースへ!ボートレース蒲郡までちょっと遠征しちゃいました

 夏といえば浴衣が着たくなる季節。今年もお気に入りの浴衣で出かけたいけど、どこへ行く? 花火大会? お祭り? いやいや、ボートレース大好きな女子ならば当然、ボートレース場でしょ! ということで、SPA!ボートレース女子部のボレ女たちから、浴衣を着てボートレース場へ行ってみたいとの提案があり、遠征してみました。ボートレース蒲郡。

 一年中ナイターレースが開催されている蒲郡は近年スタンドが改装されたばかりで、とてもキレイ。グループ観戦できる観覧席や牧原漁港で揚がった魚を楽しめるフードコートもあって、デートや家族で遊ぶのにも最適。8月開催のSGボートレースメモリアルの予習も兼ねた勝負に夢中だった(笑)ボレ女たちに、オススメポイントを挙げてもらった。

ボレ女が浴衣でナイターレース!4

(写真左から)馬場絹依、白河雪菜、石原静

◆浴衣DEナイター初参戦したボレ女3人 ボートレース蒲郡のココがサイコー!

【旅打ちボレ女】白河雪菜(27歳)
「特別観覧席がホントーにキレイ!ペアシートでデートしたい!!!!」


全178席の特別観覧席、その名も「ムーンライトシート」(本場開催日1500円)からのナイターレースはキレイで最高! ほかにも6人まで入れるレンタルルームや、2人使用のペアレンタルルームもあって、浴衣デートしたーい!!

【初心者ボレ女】石原静(36歳)
「照明で水面がキラリ!レースの迫力と美しさに思わずビックリ!」


日差しを浴びてきらめく水面、夕焼けに染まる水面、そしてナイター照明に照らされて輝く水面。3つの異なった水面を一日で楽しめるのはナイターレースならでは。日中と夜でレースの見え方が違ってくるのも趣深いですね

【人妻ボレ女】馬場絹依(38歳)
「ナイター観戦するならやっぱりビール! 生ビール片手に観戦して幸せ!」


浴衣でビール片手にナイターレース観戦って、ボートレース好きにはたまらない贅沢を味わうには蒲郡が最適! 大時計前や1マーク前にあるベンチに座って観戦すれば、ボートの水しぶきを間近に感じて気持ちいい!!

<一年中ナイターレースが楽しめるボートレース蒲郡>

ボレ女が浴衣でナイターレース!昨年のグランプリファイナリストと全国24場から推薦を受けた52選手が集結するSGボートレースメモリアル。モーターボート発祥を記念して1955年から始まり、今年で61回目を迎える伝統のSGが8月25日より開催されたボートレース蒲郡は一年中ナイターを楽しめる場だ。愛知県蒲郡市にありJR三河塩津駅から徒歩5分。JR蒲郡駅や名鉄東岡崎駅から無料送迎バスも随時運行している。施設周辺には無料・有料駐車場も複数あり、東名高速の岡崎IC、豊川ICから車で約30分、音羽蒲郡ICから約15分。

◆名古屋市内のアンテナショップBar&Dining Canariaでオシャレにボートを楽しんじゃう!

名古屋市内にあるボートレースのアンテナショップCanariaは、ボートをイメージした店内で手打ちパスタなどのおいしい食事とボートレースにちなんだ6色のカクテルを楽しみながら、ボートレースの最新情報もゲットできる。旅打ちの途中に立ち寄ってみるのもいいだろう。

【Bar&Dining Canaria】
名古屋市中区錦3-24-4 SUNSHINE SAKAE 2階
電:052-310-2201
営:11:00~24:00(ラストオーダーフード23:30、ドリンク23:45)

⇒SPA!ボートレース女子部の公式ブログはこちら!

取材・文/ウエノミツアキ 撮影/赤松洋太

この特集の記事一覧

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中