やっぱりすごい!ナベツネ放言集

読売巨人軍・清武英利代表の「涙の告発会見」は、各方面で話題となった。が、告発された当のナベツネこと渡邉恒雄会長は、蚊に刺されたほどにも感じていない様子。「まことに非常識で悪質なデマゴギーであります」とバッサリ切り捨てるさまは、ある意味、痛快ですらある。横浜ベイスターズ売却問題でも「モガベーは無理」とマスコミ受けするセリフを放ったナベツネのパワーは衰えることを知らない。

石黒謙吾著『ナベツネだもの』(情報センター出版局/1050円)

そんなナベツネの放言の数々をあらためて振り返ってみたら、やはりその破壊力はハンパじゃなかった。91年オフ、契約更改を保留した8選手に「ろくな成績も残さないでナニ言ってる。冗談じゃない。そんなヤツは巨人を出ていけ、去ればいいんだ」と発言。が、それが当時のエース・斎藤や槇原だと知り、「下(二軍)にいるクズみたいなヤツが言ってると思ったんだよ」と、すぐ撤回。でも、クズ呼ばわりされた二軍選手の心情は……?

97年、桑田の結婚が報じられると「よくあんな借金まみれの男に嫁が来てくれたな」。00年、不振の清原が肉離れで離脱すると「これで勝利の要因が増えた」。FAで清原を獲得したときには「君もあと30年くらいで60歳か。その頃は監督だろう」と将来の監督手形まで与えていたのに、手のひら返しとはこのことか。

代理人交渉が認められると「巨人にはくだらない代理人を連れてくるのはいないだろう。もし連れてきたら給料をカットする。(略)嫌なら自由契約だ。ウチに入りたいヤツはいくらでもいる」と豪語。その放言の矛先は野球界だけにとどまらず、02年日韓W杯開催時には「W杯は6月で終わる。日本におけるサッカーは、これで滅びる」と語り、その年のオフには「巨人が勝っても景気が良くならないなら、総理に辞めてもらうしかない」とまで言い出す始末である。

しかし、こうした傍若無人な言動を繰り返すナベツネを「嫌いじゃない。やってきたことの良し悪しは別にして、人としてはすごく面白い」と言うのは、『ナベツネだもの』の著者・石黒謙吾さん。今回のお家騒動についても「野球はプレーを楽しめばいいと言う人もいますが、こういう場外乱闘があるからプロ野球は面白いんだと思います」と語る。

では、そんな石黒さんから見たナベツネ放言トップ3は?

「そうは言っても、さすがにこれはひどいと思ったのが、ガルベスが審判にボールを投げつけたときの『それほどじゃないんだ、審判にボールを投げつけることぐらい』ってやつ。これは草野球人として腹が立ちました。明らかな暴力ですからね。それを容認するのはイカンでしょう」ということで、コレが1位。

続いて2位は、球界参入をめざしたライブドア・堀江貴文社長(当時)に対する「知らない人が入るわけにはいかないだろう。僕も知らないような人が」との発言。

「これはいいですね。あの時点で堀江さんを『知らない』と言い切っちゃう。我が道を行くというか、唯我独尊的なところが面白い。モガベーといっしょですよね。“世間がどう言おうがオレは知らねえ”という(笑)」

そして最後は「君が代は嫌いだ。国歌は歌わない……僕は軍艦マーチなんかいいと思うんだよ。歌詞を変えて国歌にする」という03年の発言。

「言ってることが支離滅裂(笑)。右とか左とか思想的なことはどうでもよくて、ただテンション上がる歌のほうが好きなだけなんじゃないか、っていう。要するにワガママな子供がジジイになっただけなんですよ。エンターテインメントとして非常に面白い人だと思います。迷惑かかってる人、すごくいっぱいいると思うし、自分の上にいたら相当腹立つと思うけど、まったく関係ないんで(笑)。申し訳ないけど面白がらせてもらってます」

野球界最高のヒールの座は、まだまだ揺るぎそうにない!?

取材・文/新保信長

ナベツネだもの

球界のドン・渡辺恒雄氏の暴言・迷言・エピソード

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中