谷繁元信が改めて振り返る「3018試合出場とオレのプロ野球人生」

― 連載<俺の職場に天才はいらない!>谷繁元信監督兼選手の管理職的独り言 ―

◆改めて振り返る3018試合出場とオレのプロ野球人生

谷繁元信監督兼選手 7月28日に達成した出場試合の日本記録を、少し時間がたってしまったけど振り返ってみたいと思う。

 3018試合という数字は途方もない数字にも思えるけど、実際にオレが歩んできた道のりでもある。オレは常に記録よりも勝利……と口酸っぱく言ってきたけど、改めてこの記録、この数字を振り返ってみると、ここまでよくやってこれたなぁ……という安堵にも似た気持ちになる。

 3018試合……この数字が持つ意味とは、プロ野球選手が持たなきゃならないすべての要素の総決算だったんじゃないかとオレは思うんだ。

 まず、オレたちプロ野球選手は試合に出なきゃならない。試合に出るためには、代打だろうが途中出場だろうが何か一つでも秀でてなきゃダメだ。そして、続けて出場していくには同じポジションを争う先輩や同僚選手に勝たなきゃダメだ。勝たなきゃいけないポイントはいくつもある。野手であれば打撃、守備、そして走塁もポイントになるだろう。そして忘れてならないのは試合に出続けるためのスタミナ、ケガをしない体づくり。さらにオレの場合、捕手というポジションなので、配球やリードなんかも勝たなきゃいけないポイントだった。どれか一つでも欠けていたら、オレはこの大記録を達成することはなかったと思う。この記録にはプロ野球選手としてのすべてが詰まっているんだ。

◆常に初心を忘れない父親からの教え

 記録を達成した後、オレは父親と母親に改めてこう言ったんだ。

「丈夫な体に生んでくれて、ありがとう」

 改まってこんなことを言うのは柄じゃないから、ちょっと恥ずかしかったけど、大記録を達成するために必要となったすべての要素の大元はやはり体。目立ったケガもなく27年間野球選手を続けることができたこの丈夫な体をつくってくれた両親には、いくら感謝してもしきれない。

 そんな父親からオレは何度も何度も言われたことがある。それは「初心を忘れるな」ということ。飾り気もない、気取ったところもない言葉だけど、この言葉をオレは今でも忘れずに噛みしめている。

 初心を忘れないということは、妥協しないということだとオレは思うんだ。だって、初めて試合に出たときに「このくらいでいいや」なんて誰も思わないだろう。なにクソ! 絶対に打ってやる! 絶対に守ってやる!って気持ちで試合に臨むわけじゃない。この気持ちがなくなったら、オレたちプロ野球選手はプロとして失格。だからオレはこの言葉を絶対に忘れないように、胸に刻んでいるんだ。

※「俺の職場に天才はいらない!」は週刊SPA!にて好評連載中
写真/産経新聞社

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中