長渕剛・伝説の富士山ライブ 「ある意味やりきった感はある」とのファンも

 少し日数が経ってしまったが、去る8月22日(土)の21時~8月23日(日)6時半にかけて、長渕剛(58)が自身の集大成として挑んだ大勝負『長渕剛10万人オールナイト・ライブ2015 in 富士山麓』が行われ、今もまだその内容に余波があるようだ。

長渕剛・伝説の富士山ライブ 第4部。朝5時を回り、ステージセットの後方に霊峰富士が姿を現した

第4部。朝5時を回り、ステージセットの後方に霊峰富士が姿を現した

「富士のふもとっぱら」という会場のヘンピさ、会場までの移動はシャトルバスのみで自家用車やタクシーでの来場は禁止など、開催前からハードルの高さで話題を呼んでいた。ネット上ではリアルタイムで「退場規制で、帰宅難民続出」「ライブ終了後、8時間経過。ただいま14時。まだ帰れそうにありません…」など参加者たちによる実況中継がなされ、数日経った今、違った意味で「伝説」となってきている。実際、現場の状況はどうだったのだろうか? 27年来の長渕ファンで、今回のライブにも足を運んだという会社員T氏(45歳)に話を聞いた。

「実は、僕はチケットを買っていなかったのですが、急遽募集のあったライブモニターで、運良く友人2人と行けたんです。会場近くのふじてんリゾートの駐車場まで車で行けば、『チケット代と駐車場代、駐車場⇔会場間のバス代は無料とさせていただきます』との触れ込みだったんですが、ネット上では『釣りでしょ?』といった声もあったし、正直、チケットを手にするまで半信半疑でした」

 ところが現地に着くと、引き換え所で本当にチケットを2枚もらえたのだとか。15,000円+シャトルバスの交通費分で売られていたチケットがなんとタダ! これは紛れもない事実だ。では、無事会場に入れて、現状はどうだったのか?

「後方ブロックは空きも目立ったし、タバコ吸ったり、レジャーシートを敷いて寝っ転がりながら観てるような人も多かったですね。僕は04年の桜島にも行きましたが、あのとき(75,000人)より入っていない印象を受けました。はっきりした数字はわかりませんけども。あと、仮設トイレが2箇所にしかなくて、それぞれバカみたいに遠かったですね。僕は後方ブロックだったから、まだライブ中でも行きやすかったけど、前方ブロックの人はトイレ行くのも一苦労だったはずです。飲食店なんかは充実してたけど、お腹をクダしでもしたら面倒なので、飲み食いは最低限に控えました。計9時間半のライブ中、休憩こそ3回ありましたが、それを差し引いても実質6時間半。富士山が姿を現す瞬間や、日の出の瞬間は確かに感動的だったけど、終わる頃にはとにかく疲労困憊でした」

 しかし、ライブの疲労に加え、さらなる疲労が。それが帰宅難民だ。

「退場規制で、唐突にリストバンドの『ア行』の人からの退場が発表されたんです。僕らは『ニ行』でしたが、1時間、3時間と、待てど暮らせど一向に呼ばれる気配がない……。携帯の充電はとっくにないし、やることがないから、ただただその辺でフテ寝。一部でピクニックなんて報じられていましたが、とんでもない! ブチ切れて、係員に突っかかるファンもそこら中にいましたよ。『上を呼べ!』とか言って。結局、僕らが会場を出られたのは14時55分。そこから、バス乗り場まで1キロの距離を徒歩で1時間。なんだかんだで家に帰ったのは、月曜の0時。土曜日の昼間に出発してから36時間後でした。ただ、帰りの辛さも含めてやりきった感はありました。今になって振り返れば、『社会に出たら、辛いこと厳しいことだらけだけど、丸ごとのみ込んで見ろよ!』って長渕の楽曲世界を丸ごと味わえる、希少な体験だったと感じています」

 伝説として語り継がれることは間違いない今回のライブ。いいか悪いかの判断は、来場者それぞれが異なるようだ。 〈取材・文/仁村トヲル〉

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中