変わり種ボードゲーム「枯山水」が大ヒットで注目!大人でも楽しめる最新ゲーム5選

 いい年をした大人をも夢中にさせる“大人向け”「ボードゲーム」が昨今、ブームだ。そのきっかけになったのが、昨年11月に発売されたボードゲーム「枯山水」だ。約8000円という高価にもかかわらず、初版1500部がなんと即完売!

大ヒット中のボードゲーム「枯山水」

 庭園を模したボードに砂紋やコケが描かれたタイルや園石を並べ、「徳」と呼ばれるポイントを貯めるという一風変わったルール。そして、最もわびさびがある庭園を作れた人が優勝、という渋い世界観がネットを中心に大きな話題となった。

 9月1日発売の『週刊SPA!』では、「枯山水」の開発責任者である、ニューゲームズオーダーの吉田恒平氏にインタビューを行っている。

ニューゲームズオーダーの吉田恒平さん

「オリジナルゲームを初版で1500部売るというのは、業界的にも前例がなく、自分たちにとって大きな挑戦でした。しかし、『これが売れなければ僕らのやっていることに価値はない!』くらいの強い思いで世に送り出しました」

 そう語る吉田さんら開発チームの強固な意志のもと、「枯山水」は生み出された。端から見れば単なるボードゲームにすぎないかもしれないが、そこには男たちの熱い青春の物語があった! 詳細はぜひ週刊SPA!本誌にて確認してほしい。

 また、特集の後半では、常時500点を取り扱う高円寺のボードゲームショップ「すごろくや」店長の丸田康司氏に、大人でも楽しめる最新ボードゲームを紹介してもらった。

⇒【写真】はコチラ nikkan-spa.jp/?attachment_id=929675

1.「ヒットマンガ」(3~10人) 1,940円
セリフの入ってない吹き出しだけのマンガが描かれたカードを使い、読み手が即興でセリフを作り、そのカードが何かを当てて遊ぶカードゲームです。絵柄がとっつきやすいのと、世代で言葉選びなどに違いが出たりするので、必ずしも正答しなくても楽しめます。プレイ時間が20分程度と短いのもいいですね。

「ヒットマンガ」

「ヒットマンガ」

2.「お邪魔者3 対決」(1~2人用) 1,500円
人気のカードゲーム「お邪魔者」の1~2人用バージョンです。プレイヤーはカードに描かれた坑道を繋ぎつつ、妨害をかいくぐり、隠された金塊を探し出すのが目的です。さまざまなアクシデントや妨害を乗り越え、より多くの金塊を掘り当てます。危機対応能力や目的達成能力が養われますね。

3.「MAYOR」(3~7人) 4320円
プレイヤーは候補者や選挙スタッフとなって、激しい市長選を戦い抜き、当選を目指す全員協力型のボードゲームです。実在する地方都市の市長の娘さんが作ったゲームなので、細部までにリアリティがあり、「桃太郎」などの選挙専門用語も覚えられます。

「MAYOR」

「MAYOR」

4.「シェフィ」(1人用) 1728円
1匹しかいない羊を「産めよ」や「統率」(場に置ける羊の匹数が増える)などのカードを使って、1000匹までに増やすゲームです。容赦なく羊を減らす「疫病」や「狼」などのカードも使わなければいけないので、程よいところで増やして減らすというマネジメント能力が求められます。

5.「パンデミック:新たなる試練 日本語版」(2~4人) 4320円
世界規模で次々と発生するウイルスを除去するために、さまざまな都市を飛び回るボードゲームです。どの経路でワクチンを完成させるをプレイヤー同士で協力し、話し合いながらウイルスの根絶を目指します。綿密な分析とチームワークが要求されるので、研修に使用している企業もあるようです。

「パンデミック:新たなる試練 日本語版」

「パンデミック:新たなる試練 日本語版」

「ボードゲームの面白さってプロレスの様式美に近いのかも。勝ち負けにこだわらず、目の前の相手との知的なやりとりを楽しむものですね。自分の興味と合致し、好きなエッセンスが詰まっているゲームと出合えば、きっとハマるはず」(丸田氏)

 テレビゲームやスマホのアプリゲームの登場で、年々、地味な存在となりつつあるボードゲーム。しかし、製作者の熱いこだわりや独創性に溢れたその存在は、これからますます注目されることになるだろう。今年のシルバーウィークに先駆けて購入し、一人、腕を磨いてみてはいかがだろうか?

<取材・文/中村裕一 井野祐真(本誌) 撮影/山川修一(本誌)>

ニューゲームズオーダー 枯山水 新装版

美しい庭を作る、渋すぎる和風ボードゲーム

週刊SPA!9/8号(9/1発売)

表紙の人/ 池田エライザ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中