プロ野球の“席取り”に命を懸ける常連組「8回まで観戦したら翌日ため並び始める」

スポーツ観戦では常連ファンたちによって “暗黙のルール”が作られていることが多々ある。知らずに行けばドン引きしてしまうような、傍若無人な常連ルールの実態に迫ってみた。

◆野球観戦は8回まで。並んで席取りに命を懸ける常連組の奇妙な野球観

「野球観に行ってんのか、並びに行ってんのかよくわからなくなりましたね」

 と語るのは4年ほど前まで精力的にプロ野球を観戦していた30代半ばの会社員Kさんだ。

プロ野球の席取りに命を懸ける常連組「プロ野球のファンには“常連”と呼ばれるグループがいくつかあるんです。’03年くらいから、彼らはホームページやブログを作るようになり、応援団ではないのですが自分たちのグループに名前をつけるようにもなったのです」

 こうした常連グループはいつも同じ場所で観戦するため、早い順に並んで入場し、グループのメンバーのために大量の座席を確保するケースが目立つようになってきたという。この並びと席取りが暗黙のルールを作り上げたとされている。

「ここは○○のグループ、通路出口上は△△のグループというようにそれぞれのグループの観戦場所は暗黙の決まり。入場する際の並びでは、顔見知りのグループ同士で融通し合ったりします」

 優勝やCS進出争いが激化すると、席取りや並びも激化する。そのため、こうした常連グループが組んで場所を確保し、融通するというのだ。

「試合が終わってから翌日の試合に向けて球場の外に並ぶと、もう遅い。そのため、8回が終わるとグループ同士で話し合って決めたヤツが外に出て並び始めるんです。ここで協力しないとネットで悪口を書かれたりします。だから、仕事で野球を観ることはできないけど、並んで席取りするためだけに球場に行ったこともあります」

 傍から見れば、何のために野球観戦をしているのかと思わずにいられない世界である。

「ネットじゃ晒されるし、しがらみも面倒くさい。それが嫌で内野で観てたら、陰口叩かれるし……今は自宅でテレビ観戦ばっかですね。配球とか変化球とかよくわかるし、野球楽しいなぁ~って改めて感じてます」

 Kさんは今、野球を観るのが楽しくて仕方がないという。

取材・文/SPA!スポーツ観戦問題特捜班 ※写真はイメージです
― スポーツ観戦[暗黙のルール]が横暴すぎる! ―

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中