男たちのマナーの悪さにイライラしている女たち「傘とタバコは凶器になる」

人にはそれぞれ、イラつく行動がある。しかし、立場が変われば、自分が相手を不快にしていることも。そこで、女が感じる「男のコレは許せない」という沸点を20~30代の女性300人に調査しあぶりだしてみた

「横向きの傘」と「歩きタバコ」は凶器◆横向きの傘と歩きタバコは凶器

 傘に関するさまざまなマナーにも「ものすごくイラッとする」という回答が多く寄せられた。

 特に濡れた傘が人に当たっているのにお構いなしという行動にはムカついている女性が多く、「混んでいる電車では傘をたたむのが常識」(33歳・販売)というのはごもっとも。

 傘を横向きに持って振りながら歩くという行動は無意識にしている男性もいるようだが、「傘の先端がブンブン振り回されている状態は凶器。階段ではさらに目の高さになって怖い」(27歳・アルバイト)と自覚してほしい。

 似たタイプの行動として、禁煙エリアでの歩きタバコについても「すれ違いざまに当たりそうですごく怖い」(38歳・看護師)、「子供に当たったらどうすんの?」(33歳・主婦)と危険性を指摘する怒りの声が多く集まった。

◆歩道を走る自転車。場合により罰金も

 それ以外の場面では、自転車マナーにもさまざまな顰蹙が。「自転車は車道が原則、歩道は例外」という交通ルールを知らない人がまだ多いのか、歩道を爆走する自転車が数多くいて、周囲をイラつかせているもよう。

「猛スピードで走ってきた自転車とぶつかりそうになり、『前向いて歩けババア!』と怒鳴られた。そっちが悪いのに……」(44歳・事務)という被害者は本当に気の毒だ。

 なお歩道を歩いていて自転車にベルを鳴らされたことにイラついている人も多かったが、「警笛鳴らせ・警笛区間」の道路標識がある場所以外でベルを鳴らした場合は2万円以下の罰金に(危険を避けるためやむを得ず鳴らした場合を除く)。それとは知らずベルを鳴らしていた人は、周囲をイラつかせるだけでは済まないことになるので即刻やめるように!

― 女がイラつく[男の振る舞い] ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中