「カネ・ニオイ」に無神経な男は女性からの評価が下がる

 “親しき仲にも礼儀あり”という言葉があるように、気心の知れた間柄の女友達や恋人でも、傍若無人な振る舞いで知らずに男の評価を下げているかも。女が感じる「男のコレは許せない」という沸点を20~30代の女性300人に調査したところ、プライベートなシーンでシビアな声が多かったのが金銭面だ。

女性からの評価が下がる、タチが悪い「男の振る舞い」「お金に余裕があるのに、必要以上に出し渋る人は、まったく払わないというなら問題アリだけど、“払わない”と意思表明している分にはまだマシ。それより『あとで払う』と言っておいて払わないほうがイラッとくる。友達の誕生日プレゼントをみんなで買うときに、男友達に『立て替えておいてもらえる?』と言われてそのままにされたことがあり、その後も似たようなことが何度も続いた。一度冗談っぽく『今払ってよー』と言ってみたら、『え? 今まで払わなかったことなんかないよね?』というようなびっくりした顔。本気で忘れてたのか、故意なのかわからないけれど、どっちみちタチが悪いと思う」(31歳・化粧品)

 払ったほうはなかなか相手に伝えられず、自分の中で悶々と抱えてしまいがちなもの。立て替えてくれる相手に甘えていると愛想を尽かされるのも時間の問題だ。

 続いて、女性からのイラッと度が高かったのがニオイ系。飲食店に香水をプンプンにつけてくる・高級料理を食べている最中に喫煙し、煙をかけて平気でいるなど、TPOをわきまえない行動をする男性とは、一緒にいたくないという女性が多い。

「香水は、人がいいと思うニオイと自分がいいと思うニオイが違うし、鼻が慣れてしまって、つけすぎてしまう人がいるのでは? 例えば足のくるぶしに少しつけるとか、ほんのり香らせる程度にしてほしいですね」(28歳・編集)という声も。

 タバコに関しては、特にマナーが大事。

「『吸ってもいい?』とかひと言断ってくれるならいいけど、当然のように吸い始める人は、自己中だなと思う。ちょっと引きます」(27歳・医療)。ほかに、「食べ終わってからの一服ならどうぞ、という感じだけど、料理の香りを楽しみながら食べたいので、せめて食事中は吸わないでほしいです」(32歳・IT)

 と、“ながら行動”を指摘する女性もいた。

― 女がイラつく[男の振る舞い] ―

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中