6月、9月は「うつ病」が増える時期

 実は、無気力や疲労感、うつ症状などを引き起こす「九月病」という言葉があるのをご存じだろうか?

危険!9月は男をブサイクにする!「8月に休みが多かったせいか、どうにも気力が出ない」(41歳・飲料)

「とにかく会社に行きたくない」(40歳・IT)

 などそれっぽい症状を感じる人も結構いるようだ。

 こうしたケースをよく知る医学博士の秋津壽男氏は、「暑い盛りは気が張っていて乗り切れますが夏が終わろうとする時期になり、ホッとした途端、心や体の不調という形で出ることが多いんです」と明かす。

 しかも、9月という時期も大きな影響を及ぼしているという。

「例えば、うつ病は天候不順が多い時期、梅雨時の6月に増えると言われており、同様に台風などが集中して雨の日が多い9月もメンタルの不調を訴える人が多い。あとは季節の変わり目というのも非常に多く、4月や5月もそれ。4月はなんとか耐えても翌月ダウンして五月病になるわけです」

 とはいえ、天気や暦はさすがに変えようがない。でも、心の不調を避ける方法はあるとか。

「ベストは9月に夏休みを取ること。ただし、すでに休みを取った方は無理でしょうから休日に出かけたり、逆に家でのんびり過ごすのもいいでしょう。要は仕事とプライベートのメリハリをつけること。それと日照不足の月だから意識的に日光を浴びるのもいいですね」

 メンタルは仕事に大きな影響を与える。仕事でモチベーションが上がらなかったりミスが増えると男は下がる。9月対策は重要だ。

<対策>
日光を浴び、仕事と私生活のメリハリをつけて乗り切る!

<うつが多い月>
1位:6月
2位:9月
3位:4月
4位:5月

【秋津壽男氏】
医学博士。秋津医院院長。わかりやすい解説と軽妙なトークでテレビでも活躍中の“スーパー町医者”。著書に『長生きするのはどっち?』(あさ出版)など

長生きするのはどっち?

知らないとヤバい健康の真実

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中