職場の女子社員が「元キャバ嬢か?」を見分ける方法

 都市部では「キャスト全員が女子大生」というのが売りのキャバクラも増え、いまや会社の女子社員が元キャバ嬢でも珍しくなくなった昨今。やけに大人との話し方に慣れており、「もしや元キャバ嬢?」と思うほど、話の上手い新人はいないだろうか。

 かつてキャバクラ嬢をしていたOL複数名からの証言をもとに構成した「元キャバ嬢を見分けるコツ」を紹介しよう。まずは基本編から。

◆動作から見抜く(基本編)

●おしぼりをたたむ

 キャバクラでは、キャストが客のおしぼりをきれいにたたむ。さすがに居酒屋で他人のおしぼりをたたんだりはしないが、自分のおしぼりをぐちゃっと置いておくのは落ち着かないというキャバ嬢も多く、自分のおしぼりをやけにキレイにたたんでいる様子を見たら怪しいと思ったほうがよい。

●ライターの付け方がきれい

 キャバ嬢たちは日頃、客のタバコに火をつけている。そのため、自分でタバコを吸う時もライターの付け方がきれいな傾向にある。具体的には、常に片方の手で覆いながら、カチッと火をつける動作が自然にできる。

●居酒屋などで「すいませ~ん!」ではなく「お願いします」と言う

 キャバ嬢がボーイを呼ぶときに「すいませ~ん」と言うと怒られる。これは全国度の店舗でも共通。キャストは「お願いします」と言わなくてはならない。この癖が抜けない元キャバ嬢は、居酒屋でも「お願いします」と言ってしまう。

 さて、ここまではベタ中のベタなチェックポイント。ここからは相手のふとした言動から見抜くチェックポイント・上級編を紹介しよう。

「職場の女子社員が元キャバ嬢か?」を見分ける方法◆話題から見抜く(上級編)

●キャバクラのオサワリに厳しい

「この間、友達がキャバクラでオサワリしちゃってさあ」

 何気なく口にしたこの言葉にいらっとしたり、「ダメじゃ~ん」という反応が返ってきた場合、その女性は元キャバ嬢の可能性あり。キャバクラとセクキャバの区別がつかない女性は少なくなく、「え?キャバクラって女のコに触っちゃダメなの?」という反応もあるのだが、元キャバ嬢はおさわりにやたらと反応する傾向にある。

●ヌーブラのメンテナンスを知っている

 肩や背中が大きく開いたドレスを着るキャバ嬢にとって、ヌーブラはマストアイテム。だが、それ以外の女性にとってはあまりなじみがない。さりげなく「彼女が友達の結婚式でドレス着るんだけど、ヌーブラって使い捨てなのかな」とでも聞いて、「ちゃんと洗っておけば、1年くらい使えますよ」と返ってきたらかなり怪しいと見てよい。

●シャンパンの種類に詳しい

 シャンパンを良く飲むのは、オヤジ世代ならまだしも、金持ちを除けばキャバ嬢かホストくらいなもの。モエ・エ・シャンドン、クリュッグ、ヴーヴ・クリコ・ポンサルダン、ドンペリ……どれが高いとかラベルがどうだとか、若い女性がやたらとシャンパンに詳しかったら、彼女はある程度長い期間キャバクラ嬢だった可能性が高い。

 むろん、今まで述べてきたものはあくまでキャバ嬢にあてはまりやすいというだけ。彼女が本当に元キャバ嬢かはわからない。

 だが、すべての項目が当てはまった場合、限りなく黒に近いグレーと見てもよいだろう。 <取材・文/此方マハ>

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中