大人のトラウマ…「見世物小屋」文化を現役団長が語る。「みたままつり」出店禁止で消滅危機も

 今年、靖国神社「みたままつり」での露店が一切禁止になった。理由は「近隣住民への迷惑行為や各種トラブル」というが、夏の風物詩が消えたことを惜しむ声は多い。

「みたままつり」出店禁止で消滅危機も!昭和ノスタルジー溢れる「見世物小屋」文化を現役団長に聞く

「サディステック・サーカス2015」ポスター

 とりわけ根強い人気を博したのが、昭和ノスタルジーに溢れる「見世物小屋」だ。蛇喰い女、火を操る怪人など、ヨソでは見られないアングラ感満載のショーは「みたままつり」の名物として長く親しまれてきた。

 しかし、それも中止に。まさに昭和は遠くになりにけりだが、なんとその見世物小屋が9月20日(日)、巨大規模で東京・有明に出現するという。

サディステック・サーカス」とは、国内外のさまざまなパフォーマーを招致し、オールナイトで行われる見世物小屋イベントだ。昨今では見世物小屋という文化自体が失われつつあるが、主催者たちは今、何を思うのか――。団長の内藤巽氏に話を伺った。

――まず、「サディステック・サーカス」について教えてください

団長の内藤巽氏

団長の内藤巽氏

巽氏:このサーカスは、’01年に銀座の小さなクラブから始まりました。あまり陽の目を見ないけど、私が本当に見たいパフォーマンスや作品を集結させたのが出発点です。今となっては感慨深いですが、第1回の時点では、照明屋や舞台監督もおらず、すべてスタッフの手弁当でやっていました。

――サーカスのテーマなどはありますか?

巽氏:私たちは「大人のトラウマ」を標榜しています。「それって○○系だよね~」など、さも知った気になっている大人たちにショックを与えたいんです。何でもネットの情報に頼って、実際に見たり、聞いたりすることを忘れた大人たち。彼らの魂が震え、生きている意味をもう一度問われる。そんな体験を提供しようと思っています。

――実際に体験する、ですか?

ハラキリ天女・早乙女宏美

壮絶なハラキリ天女・早乙女宏美!

巽氏:昨今、ショッキングな画像や動画はいくらでもネットに転がっています。しかし、本当に魂が震えるような体験は、実際に人と出会ったり、関わったりすることでしか生まれません。ショーでその片鱗を見せられればと思っています。

――昨今では見世物小屋という文化も衰退傾向にありますが……。

巽氏:かつて、見世物小屋は「悪所(あくしょ)」と呼ばれ、親にも「絶対に行くな」と言われていたような場所です。しかし、多くの子どもたちがお小遣いを握り締め、そこに向かいました。『旧約聖書』のアダムとイブの頃から人間は好奇心の持つ誘惑には勝てません。そういった人間の魂を開放し、自由になれるような空間は、なんとしてでも残していきたいですね。

 「みたままつり」の一件も、見世物小屋の団員さん以外にも、テキ屋さんなど、あの場を何十年も生活の糧にしてきた人たちにとって、死活問題ですよね。彼らの営業権というか生きる権利を、規制で一方的に潰すというのは残念というか、どうも息苦しさを感じますね。

――ただ、若い人には馴染みがない、なんだか怖そうという人も多いと思います

巽氏:最初は「えー」と引き気味でも、ショーを見ているうちに、「こういう美しさがあるのか」と気づく瞬間がある。チューニングが変わるといいますか、そういう体験があります。なので、最初は及び腰でも、一度見てみたら、ハマるというケースは多いと思いますね。

「みたままつり」出店禁止で消滅危機も!昭和ノスタルジー溢れる「見世物小屋」文化を現役団長に聞く

伝説の京都の女王・龍崎飛鳥

――サーカスで、ここを見て欲しいというポイントは?

巽氏:都会の闇が失われつつある昨今、夜11時から朝5時まで、こういったショーを長時間ノンストップで見続けられるという稀有さですかね。みなさん、飲食もせずトイレにも行かず、非常に熱心です。オーストラリアやフランスなど海外から毎年見に来てくれる方もいます。

――具体的な内容については

巽氏:軟体美女、SM女王様などおりますが、何が起きるかというのは、実際に見て確認して欲しいですね。1年に1回、その一晩だけのメンバーが集まって、芸を発揮してもらう。その瞬間にしかないナマモノのパフォーマンスを是非見てほしいです。そして、最初は及び腰だったのに、ショーを見ているうちに、美しさに惹かれ、前のめりになってしまう、その瞬間を体験してほしいですね。

⇒【写真】はコチラ nikkan-spa.jp/?attachment_id=934982

「みたままつり」出店禁止で消滅危機も!昭和ノスタルジー溢れる「見世物小屋」文化を現役団長に聞く

驚異のグニャグニャ美女・ノガラ

●「サディステック・サーカス2015」http://www.sadistic-circus.com/
 9月20日(日)ディファ有明にてオールナイトで開催!前売り券発売中。

<取材・文/日刊SPA!取材班>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中