漂白剤、食酢は使い方を誤ると猛毒ガスが発生する

 隣国中国では何らかの物質と物質が反応したと思しき爆発事故が頻発。片や日本でも、ゴミ屋敷から不審火が出たり……。身近なモノでも爆発・発火、毒ガス発生の危険性がないのか探ってみた。

◆生ゴミに漂白剤をふりかけ、ゴミ袋が破裂!

風呂場 そもそも「混ぜるなキケン」とは、ほとんどの家庭用洗剤に記された表示。これは1987年、徳島の主婦が風呂場のカビ取り掃除の際に酸性洗剤と塩素系漂白剤を混ぜて使用、発生した有毒ガスによって死亡するという事故がきっかけとなり、該当商品に対してこの表示が義務付けられるようになったという。

 洗剤をめぐる「混ぜるとキケン」なメカニズムとは。

「ハイターやカビ取り剤など塩素系の洗浄剤に含まれる次亜塩素酸ナトリウムと、サンポールを代表とする酸性タイプの洗浄剤に含まれる塩酸が混ざると、塩素ガスが発生します。塩素ガスは第一次世界大戦中、ドイツ軍によって毒ガス兵器として使用されたほどの猛毒で、呼吸器や目などの組織を破壊する作用があります。匂いはいわゆるカルキ臭と呼ばれる独特の刺激臭が特徴です。このガスが発生すると、眼や鼻、喉に刺激を感じ、そのまま反応が進行すると塩素ガス中毒となって命を落とすことがあるのです」(サイエンス・ライターの川口友万氏)

 このように、「混ぜるなキケン」の代名詞は、兵器として使われていたほどの強力な毒ガスを発生させるものなのだ。しかし、同様に塩素ガスを発生させる組み合わせにこんなものもある。

ゴミ袋が破裂「ゴミ捨ての際に生ゴミの臭いを抑えるために、ゴミに直接漂白剤をふりかけたりする人がいますが、あれはキケンだからやめたほうがいいですね。レモンの搾りカスと漂白剤でやはり塩素ガスが発生して、ゴミ袋を破裂させるということも考えられますから」(防災アドバイザー中沢彰吾氏)

「台所回りの水垢取りなどに食酢を使うことがありますが、その酢の成分が残っているうちに塩素系漂白剤を使い、混ざることで猛毒の塩素ガスが発生、中毒症状を起こした例があります」(日本分析化学専門学校)

 エコブームで天然素材を使った掃除が人気だが、天然素材といえども食酢は「酸」。うっかり混ぜないように。

 どちらも知らずにやりそうなので注意しよう。

【防災アドバイザー・中沢彰吾氏】
元毎日放送(MBS)アナウンサー、記者。勤務防災・環境をライフワークに、労働問題にも鋭く切り込むジャーナリスト。著書『中高年ブラック派遣』(講談社刊)

ー 日常に潜む[混ぜたらキケン]図鑑 ー

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中